「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > カンボジアの森が2001年から2014年の間に、144万ヘクタール減少

カンボジアの森が2001年から2014年の間に、144万ヘクタール減少

NASA(米航空宇宙局)によると、衛星がとらえた画像から、カンボジアは2001年から2014年の間に年14/4%ずつ森林が減少し、消失面積は144万ヘクタールに達したことがわかった。原因は主に、ゴムのプランテーション拡大、木材利用のための森林伐採であるという。

シエラレオネ(12/6%)、マダガスカル(8/3%)、ウルグアイ(8/1%)、パラグアイ(7/7%)など、ほかに森林減少が顕著な国と比較しても、カンボジアの数字がいかに大きいかがわかる結果となった。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ