「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > ボンユキエッセイ > 私の名前はセレイポリカー!?

私の名前はセレイポリカー!?

5 月末からの日本出張を終えて、1 カ月半ぶりにカンボジアに帰って来たボンユキ。カンボジアが恋しくって、早くおうちに帰りたくて、9月からの直行便の就航でおそらく最後になるだろう日本からバンコク経由での移動でクタクタになりながらも、空港に降り立った瞬間疲れが吹っ飛んでいった。外に出ると、懐かしの運転手さん、ウーロンの笑顔が迎えてくれる。真っ青に澄み切った空、白い雲。あの22 年前にカンボジアに初めて降り立った日と同じ、照りつける日差し、じめっとした空気、雨の匂い、人々の声。そんなものを五感で受けながら車に乗り込む。すぐに恒例の(?)渋滞にはまり、ここは首都の中心部か? と思うほどのガタガタ道を迂回する。すべて、私が見ているカンボジアだ。

そんなボンユキは、7 月でカンボジア在住満22 年を迎えた。歳がバレちゃうけど、なんとちょうど人生の半分をカンボジアとともに生きたことになる。お誕生日とも重なり、会社のみんなが「22」のローソクが乗ったケーキと、22 本のバラの花束をくれた。多くの方々からもお祝いメッセージをいただき、この国でこんなふうに幸せに包まれて生きさせてもらえていることに感謝でいっぱいになった。

日本生まれの日本育ち、そしてカンボジアでそのさらに半分を生きた、ちょうど中間地点のこの時期に、私はひとつの決心をした。

カンボジアの名前をつけよう!

お世話になっているパーリ語・サンスクリット語の先生に相談し、だいぶ以前から決めていたカンボジア名を今一度検証。私の名前は「幸恵」。周りの人々からの幸せに恵まれ、幸せのお返しをする人間になりたい。その思いを名前に託す。

そして生み出されたのが「សិរ ផលិ (セレイポリカー)」だ。

សិរ(セレイ)は「幸福」という意味の言葉。ផលិ (ポリカー)は「成果」といったようなときに使うផល(ポル)から成り、そういう結果になるとか、そういう状態を生みだすとか、いろいろな意味に使われる。「セレイポル」は男性っぽい語感だったので、女性っぽく「セレイポリカー」としていただいた。幸恵(日本名)、ボンユキ(日本カンボジア混合名)、セレイポリカー(カンボジア名)と、3 つの名前を持つ女? となってしまったボンユキですが、日本とカンボジア半分半分でこれからも行ったり来たりするのかな。

2016.8-9月号(第84号)掲載