「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > 空港の拡張計画で立ち退き命令

空港の拡張計画で立ち退き命令

プノンペン国際空港の拡張計画により、周辺の地域住民に立ち退き命令が出されている。民間航空当局はChrey Chisark村を訪れ、立ち退きの対象となる住居に対してスプレー缶でマーキングを行った。

今回マーキングされた家の住民で1980年から家族でこの地域に住むソックさんは、土地の証明書を入手してなんとかここでの生活を続けたいと話す。

ただし、20127月に緩衝地帯にあたるとして182家族が立ち退きを命ぜられた際、住民らは合法的にその土地に居住していたにも関わらず、市役所では彼らを違法だとした事例がある。