「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 観光 > ホテル(観光) > BAITONGホテルに泊まってみました!【ボンケンコンエリアに新ホテル!】

BAITONGホテルに泊まってみました!【ボンケンコンエリアに新ホテル!】

カンボジアの首都プノンペン、中心部のボンケンコンエリアに新たなホテルが出来ました。プノンペン市内のアクセスバッチリの好立地にも関わらず、解放感たっぷり、リゾート感が味わえるBAITONG Hotel(バイトンホテル)。一般オープンに先立ち、ソフトオープニング中のホテルにニョニュムスタッフが泊まってみました!
旅行者にも出張者にも、そして在住者にもオススメしたいホテルの魅力をたっぷり紹介していきます!

BAITONG Hotel & Resort Phnom Penh

独立記念塔近くのボンケンコンⅠエリアにオープンしたBAITONG Hotel。
プノンペンの中心部、建物が所狭しと並ぶエリアですが、敷地がとっても広いこのホテル。昔の建物がモダンにリノベーションされた空間には緑が溢れ、落ち着いた雰囲気とゆったりと流れる時間が癒しを誘います。「ここはボンケンコンにあるホテル!?」と疑うほど。

シングルルームから最大3名が泊まれる大き目のお部屋もありますので、旅行にも出張にも、どちらのステイにもオススメ!
在住者のみなさまも「都会の雑踏から離れてゆっくりと過ごしたい!」そんな時の週末ステイにぴったりです。

ホテルに到着!

じゃん!ホテルにつきました!グリーンカーテンが既に癒し…!



写真奥がエントランス、こちらはロビーです。
白が基調の内装と、ガラス窓から差し込む光でとっても明るい印象です。
館内全体にはふわっとジャスミンとレモングラスがブレンドされたアロマが香っていて気分もほぐれます。

お部屋のカードキーをいただきました。
ちなみに…裏のモノクロタイルは昔の建物に使われていたもの。現在の雰囲気に合わせて付けられたものに思えるほど雰囲気がマッチしていて、素敵なリノベーションだなあ、と思いました。

さて、いざお部屋へ!
こちらのDANYさんが今回お部屋やホテル全体を案内してくださいました。
(木のドアも昔使われていたものに手を加えてリユースしているそう。)

今回泊まったお部屋

今回は『Deluxe Room Balcony Pool View』というなんとも素敵なお部屋をご用意頂きました!
一番最初に目に入ったのは、バルコニー!このお部屋は名前の通りプールビュー。

カーテンをしゃーっと開くと、何とも心落ち着く景色がそこに…!

水の音が周りの騒音をかき消し、気持ちいい風が吹き抜け、目を閉じるとプノンペンにいることを忘れさせてくれるようでした… (スタッフ勝元)

ベッドはキングサイズで、優しく包み込んでくれるような丁度いいふんわり具合。朝の目覚めもとても良かったです!
両サイドにコンセントがあり、間接照明も2つあって利便性もばっちりです。

こちらはソファー。シックで落ち着きのあるお部屋にカラフルなクッションが絶妙にマッチしています。(とってもいい配色です…!)
かなり幅の広いこのソファーはエクストラベッドとしても利用でき、3名で宿泊する際はベッドとして準備してくださいます。

お次はバスルームへ!

個人的には高ポイントなトイレとシャワーが別で、男性でも足を伸ばせるくらいのバスタブも。
そして気になる人も多いシャワーの水圧も、文句なしの強さでした!そしてしっかり熱いお湯が出ました!

アメニティーのパッケージに注目してみると、生分解可能な素材で、プリントは大豆インク!
プノンペンのエコフレンドリー化のスピードに驚きます。
シャンプー、トリートメント、ボディーソープの他、ボディーローションなども用意されていました。

お部屋に戻ると…
かなり広々としたデスクはパソコンを広げたそばにも書類が置け、ストレスフリーでお仕事がはかどりそうです。
オープンクローゼットには余分にハンガーも用意されていて、アイロン+アイロン台も。スーツケースを広げられる台もありますよ。

ミニバーとセーフティーボックスは全お部屋に同じものが用意されています。

ホテル内施設

お部屋の説明はこれくらいに… ホテルを探検しに出かけましょう!

テクテク… 建物の一部が吹き抜けているので、館内通路は屋外の部分も。解放感たっぷりです。

構造がかっこいい…!緑がたっぷりでリゾート感もありながら、コンクリ打ちっぱなしの螺旋階段や吹き抜けの部分、天井に透明の部分があるなど、また違った素敵さが。

さて、お部屋からも覗いていたプールを最上階から見て見ましょう!

プール

『フォレストプール』という名がぴったりの緑に囲まれたプールです!素敵!
2階にプールがあり、3階はジャグジーです。3階から階段でプールへ降りることもできるので、どの階に泊まっていてもラクラクです。プールの近くにはソファーベッドもあり、水の音を聞きながらゆっくりするだけでも十分リラックスできます。

ジャグジーに浸かった雰囲気を味わってください…

プールビューのお部屋は、バルコニーやテラスがプールに面していてこのような景色が。グリーンカーテンとデザインレンガによって一目も特に気になりません。
そして、実はもう1つ『デッキプール』という名のプールがあるのですが、この日は残念ながらメンテナンス中…

こちらはメンテナンス後の様子とのこと。ながーいプールで気持ちよく泳げそうですね!

両プールは、宿泊者以外でもリーズナブルな料金で利用可能とのこと!
宿泊客の多さによって入場制限もあるとのことですので、プール利用をされる際は事前にホテルへお問合せくださいませ。

ジム


ランニングマシーンやベンチプレス、ダンベル、自転車などなど、ちょっとした運動に◎
ジム内の冷蔵庫にはひんやり冷えたお水も用意してあります。

DANYさんは厳しいインストラクターでした… (スタッフ勝元)

スパ


なんとホテル内にBodia Spaが入っており、宿泊者には15分の背中オイルマッサージの無料クーポンが!(プロモーション時期は変動する可能性があるので、お泊りの際にご確認ください。)
折角なので体験させていただきましたが、レモングラスが香る店内で心も落ち着き、とっても気持ちの良い時間でした!

通常のBodia Spaのメニューも全て揃っており、せっけんやオイルなどの販売スペースも。
ホテルから出たくない…そんな時にホテル内でスパが受けられるのは嬉しいですね!

会議室・カンファレンスルーム

グラウンドフロアには、40名前後で収容可能なカンファレンスルームと10名ほどに丁度良い会議室が各1部屋ずつ。打ち合わせやセミナーもホテル内で出来ますのでビジネスで訪問する方にとってはとても便利ですね。
(使用時間により料金が異なりますので、詳しくは直接お問合せくださいませ。)

レストラン・ルーフトップバー


最上階(6階)には、レストラン『KUANG SEAFOOD』とルーフトップバー(オープン時期未定)が。
レストランは天井が高く、席もたくさんあるのでゆったりお食事を楽しめる空間になっています。

ディナー

夕食は、上記の『KUANG SEAFOOD 』(6階)で頂きました。タイ・シーフード料理のレストランです。
今回はおすすめ4品をいただきました。

【左】Chinese oyster omelette in hot pan
鉄板の上に炒めたネギ、たまご、牡蠣、もやしの上に、とろりとしたあんかけがかかっています。小粒な牡蠣ですが、ごろごろたくさん入っていてしっかり牡蠣の風味が楽しめました。

【右上】Golden Shrimps
ぷりぷりのぎゅっと身が詰まったエビフライ。プラムソースでエビフライを初めて食べましたが、衣のサクサク感とプラムの甘さの意外と合います!新しい経験を堪能しました。

【左】Fried apple fried rice
パイナップルまるごと1個を使ったチャーハン。パイナップルの酸味や甘味が主張しすぎず、お米もパラパラ、とても美味しい炒飯でした。

【右】Stir fried crab with curry powder
レストランイチオシのこちらの1品。ココナッツが香る甘めのタイカレーペーストに、蟹が1匹という贅沢なお料理!

このレストランはタイにもお店があるそうなので、本場のタイ・シーフード料理をいただけますよ!

シーフード好きにオススメなレストラン!今回いただいた4品以外にも気になるメニューがたくさんあったので、ぜひまた来たいです♪(スタッフ勝元)

お部屋に戻ります…

お昼下がりにホテルに到着し、お部屋や施設を説明していただき、夕食を食べているともう夜!
夜22時まで使用できるフォレストプールでひと泳ぎして、ふかふかベッドに帰りましょう…
(※溺れていません)

昼間は爽快感があって素敵でしたが、夜間も照明が灯ってまた違った趣きです。

ブレックファースト

気持ちよく目覚めた朝。朝ごはんを食べに行きましょう。
夕食をいただいたレストランと同じ場所で、朝食はビュッフェ形式です。

フレッシュな野菜やフルーツ、パン、シリアルなどの他、お粥やミーチャー、炒め物など種類豊富です。


クイティウなどの麺料理、卵料理はオーダーしてから作ってもらえます。卵の調理方法も選べる幅が広く、エッグベネディクトもありました!

チェックアウトの時間です…

朝からおなかいっぱいになり、そろそろ会社へ向かう時間です…
1日足らずのステイでしたが、十分に癒され、リフレッシュすることができました!

ひと言でまとめるならば、プノンペンにいることを忘れさせてくれるホテル。
都会にいながらもゆったりと時間が過ごせる「秘密の園」のような場所でしょうか。

緑に囲まれることは大切なのだなあと強く感じ、白やグレーが基調の建物に映える緑がとても美しく、自分の中に潜む見えない黒い何かが浄化される感覚でした。(スタッフ勝元)

旅行でプノンペンにお越しの方はもちろんのこと、出張者の方にもオススメしたいホテルです。
在住者のみなさまは、日々の癒しに週末1泊!といった利用はいかがでしょうか?

他のお部屋をちらりとご紹介

今回泊まらせていただいたお部屋の他には、プライベートジャグジーのあるお部屋や、街にバルコニーやテラスが面しているお部屋、またバルコニーのないスタンダードルーム、ツインベッドのお部屋などなど、合計10種類のお部屋タイプがあります。


(それぞれのお部屋によってバスルームなどの仕様が異なりますので、詳しくはホテルにお問合せくださいませ。)

プロモーション動画

ホテル基本情報

ホテル名 : Baitong Hotel & Resort Phnom Penh
電話番号 : +855 (0) 23 22 38 38
住所 : No.10 St.282 BKK1 Phnom Penh

HomePage : http://www.baitonghotel.asia/
Facebook : https://web.facebook.com/Baitonghotel.asia/

施設利用可能時間

【レストラン】
朝食 06:00 – 10:30
昼食 11:30 – 14:30
夕食 18:00 – 22:00

【プール】
フォレストプール 08:00 – 22:00
デッキプール 06:00 – 17:00

【ジム】06:00 – 22:00

【スパ】10:00 – 22:00 (予約必要)

 

この記事を書いた人

谷垣 萌(タニガキ モエ)
1995年生まれの24歳、大阪府出身。大学卒業後、2018年4月に入社。
ニョニュムショップのあれこれを担当しながら、メディア業務にも携わる。
特技はどこでもすぐに寝られることと、手首と指をすごく曲げられること。趣味は寝ること。
Facebook Instagram  through moe