「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > ANA、上智大学のアンコールワット保存修復活動を支援

ANA、上智大学のアンコールワット保存修復活動を支援

9月1日からの成田・プノンペン定期直行便就航を機に、全日空(ANA)は「アンコールワット西参道修復工事サポーター」として、上智大学のアンコールワット遺跡保存修復活動を支援することを発表した。

具体的には以下のような支援を行う。
・日本=プノンペン間の航空券の提供
・ANA機内誌「翼の王国」をはじめとする自社媒体を通じた本活動内容の紹介
・アンコールワット遺跡保存活動にかかわるイベントの上智大学との共催

上智大学は、「カンボジア人による、カンボジアのための、アンコールワット遺跡保存修復」を掲げて、1996年カンボジアに「アジア人材養成研究センター」を開設し、20年にわたりアンコールワットの現場で人材育成を行っている。

世界初のユネスコ公式サポーターとして、世界遺産保護などの啓発活動に取り組んでいるANAグループは、「観光資源としての保全」「現場での人材育成」につながる上智大学の取り組みに賛同し、現在上智大学が2020年の完成を目指して取り組んでいるアンコールワット西参道の修復工事や人材育成を支援していくことにした。