「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > 特集記事 > シェムリアップ発の老舗カフェでリラックス【blue pumpkin】

シェムリアップ発の老舗カフェでリラックス【blue pumpkin】

ブルーパンプキン

8月発行の『NyoNyum』96号の特集は、「味わうカフェ空間」! プノンペンとシェムリアップそれぞれのカフェを取材しました。

観光の休憩や、パソコンでちょっと作業がしたい時に。有名店からまだまだ日本人の少ない穴場まで、さまざまなカフェをご紹介していきます。

 

カンボジアの老舗カフェといえば!

プノンペンにも進出し、今ではカンボジア国内に7店舗を構える「blue pumpkin(ブルーパンプキン)」。

現在のオールドマーケット店近くに、フランスとタイ出身の夫婦が1号店をオープンしたのが2000年。当時のシェムリァップを知る人によれば、エアコンが効いてソファーベッドでくつろげるブルーパンプキンの出現は衝撃的だったとか。

ブルーパンプキン

(blue pumpkinといえば! のソファーベッド席)

昔から変わらず人気の自家製アイスクリーム(1 scoop $1.7)やパンに加え、ケーキなどスイーツも充実。クメール料理や洋食に中華まで、もはやカフェの域を超える豊富な料理メニューに驚く。

ブルーパンプキン

(Ice Cream Fondue $14)

飲み物は、冷たくて甘いものが人気。コーヒーやラテ、フレッシュジュースなどひと通り揃っている。

ブルーパンプキン

「『青い』かぼちゃ??」

みんなに覚えてもらえるようなユニークな名前を…と、かぼちゃ好きの妻が名付けたという店名も、カンボジア通の間ではすっかり「blue pumpkin=カフェ」として定着し、もはや違和感は感じないかも。

 

店舗情報

『blue pumpkin』(Old Market)

住所:No.563, Mondul 1, Siem Reap (in front of Old Market)
電話:063-963-574
営業時間:6:00-23:00(定休日なし)
エアコン◯ 電源◯ Wi-Fi◯
席数:1F 30席、2F 60席
ホームページ
 Facebook
Instagram

(2018年8月発行 NyoNyum96号より)

 

▽シェムリアップのカフェをもっと知りたい▽

若者のエンパワーメントと農家のサポートを目指すオーガニックカフェ『Sister Srey Cafe』

シスタースレイ