「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > マオマオ・カンボジア > <新連載>マオマオ・カンボジア ①スタッフと涙した4か月ぶりのお仕事

<新連載>マオマオ・カンボジア ①スタッフと涙した4か月ぶりのお仕事

最新号NyoNyum108号から新連載「マオマオ・カンボジア」がスタートしました!

このコラムは世界遺産アンコール遺跡群で有名なカンボジアの都市シェムリアップにある旅行会社”オークンツアー”が、このコロナ渦の中で現地で奮闘する様子を紹介します。

 

スタッフと涙した4か月ぶりのお仕事

アンコールワット遺跡で歴史のご説明

新型コロナウィルス感染拡大の影響で、シェムリアップの観光客は激減。

街の中心部は閑散とし、失職者も増加。

旅行会社である私たちも仕事は皆無となり、社員は家事をしたり、副業をしたりしています。

そんな中、先日、タイとの国境の町ポイペト在住の日本人の方々より、遺跡観光のご依頼をいただきました。

「4 か月ぶりのお仕事。嬉しい !!」

スタッフと抱き合いながら喜びました。

ツアー当日。

自国の歴史や文化をイキイキと語る日本語ガイドの姿が眩しく、感謝の気持ちが溢れました。

じっと耐えているだけでよいのか。

コロナ禍でもできることがあるのではないか。

心が奮い立ちました。

今こそカンボジアの良さを知る時、豊かな大地を巡る時 !

“やれるだけやる” を信念として幸せ産業を盛り上げたい。

今回からスタートするコラム「マオマオ・カンボジア」では、シェムリアップ発のおススメ観光スポットやガイドたちの奮闘記を連載していきます !

ベンメリア遺跡でお客様と記念撮影

 

オークンツアーについて

YEM SOPHANNA(通称パナー)

オークンツアーには個性あふれる日本語ガイドがいます。国内在住者向けの個別ツアー、承ります ! お気軽にお問い合わせください。

住所:St.7Makara Wat Bo Village, Salakomreuk Commune, Siem Reap

電話:063-964-712, 078-942-922 (Ai YOKOSUKA / JP),012-286-320 (Sao SIDETH / KH)

E-Mail:ai.orkun@online.com.kh,orkun.tour@gmail.com

Web:https://www.orkuntour.com

Blog:https://orkuntour.exblog.jp/

Facebook:

@orkuntour