NyoNyum115号特集:①すべての力を出し切り、成長の階段を上る選手たち~水泳編~
NyoNyum115号特集:①すべての力を出し切り、成長の階段を上る選手たち~水泳編~
2021.11.24

現在カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum115号の特集では「東京2020オリンピック・パラリンピックのレポート」について紹介しましたがそのWeb版も公開します。

 

「自己の記録を塗り替えろ!~東京2020オリンピック・パラリンピックからのレポート~

東京2020オリンピック・パラリンピックが終わりました。みなさんはどこで、誰と、どのように大会を見ていましたか?

カンボジアに住む私たち日本人、それにカンボジア人や各国の人たちも、それぞれいろいろな角度からこの大会を見ていたようです。

新型コロナウイルス感染症の影響がありながらも集まったアスリートたち。その中にはカンボジア人の姿もありました。

今回、ニョニュムでは大会に出場したカンボジア人アスリートや関係者からさまざまな声を聞いて、カンボジア人から見た東京2020オリンピック・パラリンピックをのぞいてみました。

 

カンボジアのオリンピック参加の軌跡

2020年の東京オリンピック開会式パレードに参加したカンボジア選手

東京2020オリンピック・パラリンピックが終わり、皆さんいろいろな思いをもって観ていたと思います。カンボジアからは、オリンピックに3人、パラリンピックに1人の選手が参加しました。

コロナ禍の準備、渡航、競技大会への参加で普段よりもいろいろな困難が伴う歴史的な大会でしたが、カンボジア選手はこれまでにも選手を大会に送ってきました。オリンピックとカンボジアの歴史を少し覗いてみましょう。

 

近代オリンピック第1回大会は1896年のギリシャ(アテネ)大会。欧米先進国14カ国が参加し、実施競技は8競技43種目、男子のみの出場だった。

以降、参加国や競技数を増やして発展していき、その歴史の中にカンボジア人選手の姿が見られるようになったのは、1956年のメルボルン大会から。同大会に、カンボジアは馬術で2名の選手を送り込んだ。

以来10回の大会に水泳、陸上、マラソン、自転車、カヌー、ボクシング、幅跳び、レスリング、柔道、テコンドーなどの選手が出場している。

だが、一時期オリンピックの舞台からカンボジア人選手が消える。1972年のミュンヘン大会以降、カンボジアは内戦状態となりオリンピックへの参加ができなくなったのだ。

1993年にカンボジアオリンピック委員会が国際オリンピック委員会の正式メンバーとして再度認められたことにより、1996年のアトランタ大会から再びカンボジア選手が参加できるようになった。

今回の東京2020オリンピック・パラリンピックには、カンボジアはワイルドカード(主催者推薦枠)での出場となった。

2020年東京オリンピック選手村で撮影したカンボジア選手団

 

すべての力を出し切り、成長の階段を上る選手たち~水泳編~

ハェム・ポッチ選手

練習場で撮影したポッチ選手

競泳男子5 0 m自由形

T I M E : 24.91

52 位

競泳男子50m自由形に出場したハェム・ポッチ選手(22)は、2015 年頃から頭角を現し、ナショナルチームで活躍。家族に競泳の選手がいたわけでもなく、幼い頃からただただ「好き」だった水泳を自分のものとして身に付けた。

東京2020オリンピックに出場を果たしたことについて、ポッチ選手は興奮しながらこう語る。

「今回の大会に出場できて、本当に感激でした。日本に着いてから最後まで日本の関係者のみなさんから温かい対応をしていただきました。日本人のみなさんの対応は、まるで自分が特別な人であると思わせてくれるくらい丁寧で、夢のような日々でした。食事も種類が豊富でとても美味しかったです」

本番の大会で自己記録を更新したポッチ選手。予選は4位でのゴールだった

特に、日本で最後の調整を行った練習場や大会会場施設は、これまで自分が経験したことのないものだったそうだ。

「プールはとてもきれいで素晴らしく、一目見て自分がここで戦うための意欲が沸き上がってきました」

他の選手からの刺激もたくさんあったという。試合前の準備の仕方、筋肉の整え方、飛び込みの仕方、そして何よりもさまざまな泳法を目の当たりにし、滞在中の短い期間の間にもそれを学び、自分のものにしようと努めた。

徳島県を訪問したJENESYS2018のカンボジア水泳選手団

ポッチ選手はこれまで、2018年にJENESYS2018(東アジア青少年大交流計画)を通じて日本での水泳交流をした経験があるが、世界的な大会への出場は今回が初めてだった。

次の目標は2023年にプノンペンで開催される東南アジア競技大会(SEA Games)。その出場権を獲得するために、これから水泳連盟やオリンピック委員会の選考に臨むことになる。今回のオリンピックでの経験を糧にして、母国で行われる大会でさらなる活躍をしたいと意気込む。

そのためにも、これまでの練習方法を見直し、記録を塗り替え、自分自身を高めていかなければならない。「2023年のSEA Gamesに出場できるように全力を尽くします。そしてこれまでの記録を少しでも更新し、決勝に進出したいと思っています」

 

クン・ボンペッチモロコット選手

今回のオリンピック参加で自信をつけた

競泳女子5 0 m自由形

T I M E : 29.42

65位

幼い頃から祖父に水泳の指導を受けてきたクン・ボンペッチモロコット選手(15)。祖父と二人三脚でコツコツ練習を重ね、2018年に水泳のナショナルチームの選手に選ばれた。天性の才能と日々の努力により、東京2020オリンピックへの出場を果たした。

小さい頃から祖父が水泳を練習しているプールに連れて行ってもらっていた。そこで祖父や他の選手が泳ぐ姿を見ているうちに、自分も泳いでみたいという気持ちになったという。水泳が好きになり始めたモロコット選手の気持ちを察して、祖父が泳いでみるように促してくれた。以来、自らの好きという気持ちと祖父の全面的な支援があって、15歳にして国の代表に選ばれるまでに成長した。

祖父は元パラ水泳代表選手だった

東京2020は、モロコット選手にとって夢のような舞台だった。

「代表に自分が選ばれたときは、感激と誇りで胸がいっぱいでした。自分がオリンピックに出られるなんて思ってもいなかったんです」

東京への出発直前、祖父からは「自分のペースでこれまでの自己記録を更新することだけを考えて頑張ってきなさい」と言われたという。

日本滞在中も、電話で「がんばれ。試合をここで見ているからね」と毎日のように励ましてくれた。この言葉を胸に試合に臨んだモロコット選手。試合が終わってからすぐにしたことは、祖父への電話だ。「試合が終わったよ、記録も更新できたよ、と伝えると、祖父は本当に喜んでくれました」

東京滞在中は、選手村の施設や食事を思いっきり満喫できたというモロコット選手。そして何よりも世界各国から集まった選手から、多くの水泳技術を学べたと振り返る。

「他の選手の泳法や戦術などを目の当たりにしました。それらを自分の水泳技術の発展にどう取り入れていけるかを考えていきたいと思っています。そして、2023年にカンボジアで開催されるSEA Games でその成長した姿を見てもらいたいです」

モロコット選手は競泳女子50m自由形に出場。結果は、予選通過とならなかったものの、29.99秒の自己ベストを更新し、29.42 秒とした。

「自分の可能性を信じ、さらに上を目指していきたいです」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事
おすすめ記事