NyoNyum117号特集:④ごみのリサイクルで活躍する人たち
NyoNyum117号特集:④ごみのリサイクルで活躍する人たち
2022.03.30

現在カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum117号の特集では「プノンペンの生活改善を目指して!」について紹介しましたがそのWeb版も公開します。

 

「プノンペンの生活改善を目指して!」

著しい経済的・社会的発展により、プノンペンではごみ問題が大きな課題となっています。

2000年における1日のごみ排出量は約500トンだったのが、2020年には約3000トンにまで膨れ上がっています。

プノンペンの「スモーキーマウンテン」として知られるドンカオ区のごみ埋め立て地のごみの量は許容範囲を超えはじめ、昨年には収容が1カ所のみでは続けることができなくなってしまいました。

これに対してプノンペン都は、現在のごみ埋め立て地の約2倍の広さの土地をカンダール州オンスヌール郡に確保。

2023年から利用されるこの新しいごみ埋め立て地により、プノンペンの廃棄物管理が改善されることが期待されています。

さらにプノンペン都は昨年7月にごみ管理を改善するためごみ回収を行う民間企業3社と契約を結んだり、都民に対しごみの分別とごみを出す時間指定を昨年9月に発令するなど、状況はめまぐるしく変化しています。

今号のニョニュムは、プノンペンのごみ問題の現状と、いま行われている最新の取り組みについてレポートします!

 

ごみのリサイクルで活躍する人たち

カンボジアではごみの焼却場はもとより、ごみをエネルギーに変える産業がまだ発達していません。

ごみのリサイクルは、ごみ問題を解決する重要なファクター。環境省の報告によると、カンボジアで排出されるごみの量は1 日約1 万トンで、年間400 万トン近くになるといいます。排出したごみのうち、生ごみが約65%、プラスチックは約20%、残りは産業用のごみなどだそう。

ドンカオ区のごみ埋め立て地にごみをエネルギーに変える施設を建設しようとNGO 団体が働きかけているという現地メディアの報道もありますが、まだ実現していません。

一方で、プノンペン周辺を中心にごみの再利用やごみ学習推進のため、現地の起業家たちが動き始めています。

 

環境に良いごみ箱“環境ビン”作り工房

環境ビンとは、使用済みの車のタイヤをリサイクルして作るごみ箱のことで、公共施設や一般家庭でも使用されている。経済発展とともに増えてきた使用済みの車のタイヤを有効利用してごみの量を削減させ、カンボジアのごみ問題を軽減させるのに一役買っている。

日常生活の中で排出されるごみをきちんとごみ箱に入れようというキャンペーンが各地で展開されており、環境ビンのごみ箱が多くの場所で使用されている。

現在、環境ビンが街のあちこちに設置されているのが見られる。この使用済みタイヤを加工して環境に優しいごみ箱作り工房を運営しているカンボジア人の女性起業家、スーン・ソターリーさんにこの取り組みについて伺った。

 

スーン・ソターリーさん インタビュー

Q.どういったきっかけでこの事業を始めたんですか?

ごみとして捨てられた大量の車のタイヤを見て、何とかしたいと思いました。自然を大事にしたいという思いもあり、土に絶対に戻らないこのタイヤを人に役立つごみ箱に変えようとこの工房を始めたのです。2010年に工房を設立しましたが、途中で資金が乏しくなり公的支援もなかったため、結局開始から5年後に工房を閉鎖することになりました。しかし、自分の中でこの事業が社会に貢献できる唯一の手段だという思いが強く、3年前からまたこの取り組みを始めました。

 

Q.工房ではタイヤから作るごみ箱以外、どのようなものを作っているんですか?

それ以外だと植木鉢や椅子、動物の置物など、利用者の希望に応じてさまざまなタイヤの手工芸品を提供しています。

 

Q.生産する職人さんやスタッフについて教えてください。

タイヤを加工しているのは、カンボジア人の熟練職人です。工房では若い職人に対する訓練もしています。現在、工房で働いているスタッフは約20人います。みんな製造作業だけでなく古いタイヤを買いに行ったり、お客様の手元に届けるまでのすべての工程の仕事をしています。

 

Q.工房を運営していくのに困っていることはありますか?

製造過程では不注意でけがをすることがあります。硬いタイヤを加工するこの作業は、ほとんど手作りですから職人の体力はもちろんのこと、忍耐力や注意力もいる仕事です。仕上がりが良くないと返品されることになるので、けがに注意しながら慎重に作るようにいつも注意をしています。

 

Q.工房で製造したごみ箱はどんなところから注文が来ますか?

職人たちの努力の結果、いまやうちの環境ビンは広く知られているようになりました。環境省をはじめNGO 団体や民間企業、家庭用としても注文があります。おかげさまで工房の運営は順調です。そして、環境省と国連開発計画との協力で環境ビンを地方に配布するプロジェクトを行うことになりました。これにより、プノンペンと6 つの州約80 カ所の学校にごみ箱を提供することになっています。

 

Q.将来、どのようにこの工房を展開したいですか?

よりたくさん製品を販売することだけを目指すのではなく、人や社会に貢献しているこの工房のことをアピールし続けたいです。職人を増やしていくことはもちろんのことですが、ごみがごみ箱へちゃんと入れられるという環境を大事にする意識をカンボジア人に多く伝えたいです。そのため、環境問題を考えるセミナーや勉強会などに出て話す機会を増やしています。環境を大切にする意識が広がるのにつれ環境ビンを利用する国内市場も拡大させ、さらには海外市場にも売り込むつもりです。

 

 

 

「環境ビンは1個10万リエル(約25ドル)で、値上げも値下げもせず今後も同じ価格で販売します」とソターリーさん
2021年10月、環境省から環境を良くする社会貢献の実績を称える感謝状を授与された

 

次の記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

NyoNyum117号特集:⑥若者に環境問題を考える意識と行動を広げたい

2022.04.01 プノンペン清掃・ビル管理(生活)特集記事

NyoNyum117号特集:③ごみ回収企業と料金支払い方法について

2022.03.29 プノンペン清掃・ビル管理(生活)特集記事

NyoNyum117号特集:②エッチャイの仕事とは?

2022.03.27 プノンペン清掃・ビル管理(ビジネス)特集記事

おすすめ記事