NyoNyum126号特集⑤:ボレイの住民に聞く!ボレイの魅力とは?
NyoNyum126号特集⑤:ボレイの住民に聞く!ボレイの魅力とは?
2023.10.09

現在、カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum126号の特集のWeb版です。

 

「膨張し続けるプノンペンのいま〜プノンペン不動産の魅力と憧れのマイホーム開発〜

カンボジアの経済成長の舞台は首都プノンペンに集中しており、プノンペンの人口も増加しています。2008年に約150万人だったのが2019年には約210万人に、そして2035年までに300万人に達すると予測されています。人口増加を受けて、都心から周辺地域への道路や上下水道、電気などのインフラ整備を政府も進めています。

プノンペンの経済成長とインフラ整備の拡がりを背景に、理想のマイホームを求めて「ボレイ」と呼ばれる新興住宅地で夢のマイホームを購入しようと、銀行ローンを組む市民が急増しています。一方デベロッパーは、さらなる市民のマイホームニーズを満たすべく、プノンペン近郊でボレイの開発と建設を推し進めています。

今回は、プノンペンにおける不動産の現状、そしてボレイでの生活を叶えた人の生活について調査しました。

 

ボレイの住民に聞く!ボレイの魅力とは?

ボレイ開発で最も名が知られているデベロッパーはボレイ・ペン・フート。ボレイ開発の先駆者でもある同社は、プノンペンの富裕層と中間所得層を対象に新興住宅地を開発し、評判もすこぶるいい。他方、中間とやや低所得層に向けて建設したボレイも人気がある。こういったボレイに住む人たちに話を聞いてみました。

 

家族全員、快適な生活を満喫しています!

ソク・サムナンさん(66)

出身:コンポンチャム州
職業:主婦
ボレイ名:ボレイ・ペン・フートのボウン・スノール
在住歴:6年

子供と孫がプノンペンで仕事や勉強をすることになったので、2008年にプノンペンに移住。当初はミエンチェイ区のアパートを借りて生活していたが、6年前にボレイを購入するためにコンポンチャム州の自宅を売ったという。現在はボレイ・ペン・フートの「ボウン・スノール」の新しい住宅で生活している。

購入時の状況について、「ボレイの住宅購 入 の 条 件 は い ろ い ろ あ り、私 た ち は70%を前払いし、残りの30%を月々の分割払いで住宅ローンを組んで返却する方法を選択」したそうだ。

6年間のボレイでの生活と以前の賃貸アパートでの生活について、「アパートは市場近くだったので、いつも騒がしく、泥棒にも入られました。でもこのボレイではそういった問題がなくなり、ゴミ収集やセキュリティもちゃんとしていて安心して生活できています。またボレイの中に公園や子供が通えるスポーツ施設があったり、自宅付近にも売店がいろいろあるので、生活がとても便利です」と語る。周辺にはインターナショナルスクールもあるため、お孫さんたちの登校にも問題がないそうだ。

 

郊外のボレイでの新生活で、商売も良くなった!

ロー・チャンソマリーさん(51)

出身:プレイヴェン州
職業:結婚式などの招待状の印刷店経営
ボレイ名:ボレイ・ペン・フートのボウン・スノール
在住歴:3年

プノンペン都心のオルセーマーケット周辺に自宅を所有していたチャンソマリーさん。だがコロナ禍で商売がうまくいかなくなり、お店も生活もできるボレイ1階の住宅を借りて引っ越したという。

「元の家はオルセーマーケット近くの建物3階にあり、印刷店はその近くのアパートを借りてやっていましたが、コロナで結婚式や他の式典ができなくなったので、商売が成り立たなくなりました。賃貸料
も下がらなくて生活がだんだん厳しくなったので、3年前に持ち家を売りました。たくさんの人が暮らすこのボレイでお店もできる住宅を月800ドルの賃貸で借り、印刷店の傍ら日用雑貨やジュースなども販売して生活しています」。

入居して3年が経つチャンソマリ―さんは、都心よりこのボレイの方が商売も生活も良くなったと感じており、このまま頑張りたいという。

店ができる1階を月 800ドルで借りて商売を頑張るチャンソマリ―さん

 

ボレイにはビジネスチャンスもある

ヘイ・バリンさん(31)

出身:プノンペン
職業:プロジェクト管理者兼コーヒー屋経営
ボーレイ名:ボレイ・ペン・フートのボウン・スノール
在住歴:6年

バリンさんは都心よりやや落ち着く環境を求めて、家族を説得して郊外の今のボレイに引っ越したという。

「都会生活は刺激的で良いと思う人も多いかもしれませんが、私はそうは思いません。渋滞が本当に嫌で…。それを逃れるために都心からちょっと離れたボレイでの生活を望むようになりました。移住した6年前はちょっと寂しい感じでしたが、今は状況が一変。越してきた人でボレイ内も賑やかになったし、周辺に学校や塾などの教育施設、医療施設、新しい商店街などいろいろでき生活が便利になってきています」

コーヒー屋を経営しているバリンさん。「自宅周辺は人の往来が多く、家の前のスペースで小さなコーヒー屋をしています。大学を卒業したばかりの妹と交代で店番をしています」。来てくれる客のほとんどがこのボレイの住民だという。

 

ボレイにもランクがある

アレヤクサット島のボレイ・トゥルソンケァの住宅の様子

立地条件やデザイン・施設の充実度により、ボレイの価格はさまざまです。一般的にプノンペン都心周辺は高額で、離れるにつれ中所得層向けのボレイが多くなります。そんな中所得層向けボレイの住民にインタビューしました。

 

ボレイ生活は私たち家族にとって理想的

ヌー・ヴィチェカさん(23)

出身:プレイヴェン州
現職:ガソリンスタンドの管理
ボーレイ名:ボレイ・オーデム
在住歴:3年

2015 年に仕事のために田舎に両親を置いてプノンペンに上京したヴィチェカさん。当時は友達と賃貸アパートで生活していたが、4年して両親がプノンペンへ来ることになり新しいアパートを借りて 1年間、親子3人で生活していた。毎月賃料を払うのはもったいないと思った両親が、ポーセンチェイ区のボレイの住宅を購入することにしたという。

「立地ではなく、家族の収入で支払える金額を重視してボレイを選択しました。田舎での生活と比べ、ここは理想的です。家も十分な大きさでセキュリティもしっかりしているので、ここを選んで後悔はしていません」と語る。

住宅ローンを使わなくて済むようヴィチェカさんの両親が田舎の自宅を売り、一括払いで購入したという。

 

郊外のボレイも快適ですよ

パオ・プットヴォティーさん(29)

出身:タケオ州
現職:Jeremiah’s Hope Clinic の看護師
ボーレイ名:ボレイ・バエックチャーン
在住歴:2年

プットヴォティーさんは進学のために2014年にプノンペンに引っ越して賃貸アパートで生活していたが、2021年にポーセンチェイ区にあるボレイ住宅を購入した。

「結婚したのですが、妻もプノンペンに職場があるのと生活環境を変えたいという希望もあったので、このボレイの家を買うことに決めました。家を買おうと考える人はたいてい、ボレイ住宅が選択肢に挙がります。私たちの収入で支払える住宅ローンもすすめてくれたので、このボレイにを決めたんです」

喧騒に悩まされたアパートでの生活より快適で、セキュリティ面も安心できるという。

「職場が都心にありここからちょっと遠くて渋滞に巻き込まれますが、慣れました。都会生活で渋滞を避けることは難しいです。また、最近は地方から出てきてプノンペン郊外のボレイを買ったり借りて生活する人も多くなっているので、郊外のエリアもだんだん活気が出てきて、ショッピングする場所や教育機関も充実している」そうだ。

近所の人たちも生活ルールを守る人ばかりで、ボレイ生活は快適だという。

 

上京して、仕事もマイホームも手に入り夢が実現!

ヨン・ワタナさん(24)

出身:コンポンチャム州
現職:プノンペン都立病院看護師
ボーレイ名:ボレイ・レーンナワトラー

都心から大分離れたプノンペン東北地域にボレイ・レーンナワトラーはある。ボレイ・レーンナワトラー社は中・低所得者層を対象にしたボレイ開発を中心に展開している。このボレイの住宅を約 2万ドルで購入したワタナさんは、購入のいきさつを教えてくれた。

「看護学生だったとき、大学に近いプノンペン都心部の賃貸アパートに住んでいました。大学を卒業して夢だったプノンペン都立病院に看護師として就職できたので、親が今の家を買ってくれたんです」。

身の丈に合った価格でこのボレイに決めたというワタナさんは、通勤に時間がかかるものの、田舎から上京してプノンペンでマイホームを持つことが人生の大きな夢の一つだったので、今の生活環境に大満足だという。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

今年のクメール正月を思う市民の感想

2024.05.17 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

ニョニュムスタッフのクメール正月の過ごし方

2024.05.10 ニョニュムスタッフ現地レポート特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

寺の存在とクメール正月とは?

2024.05.03 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

クメール正月の準備とあれこれ!

2024.04.26 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

おすすめ記事