「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 不動産コラム > 【新連載!不動産コラム】 第1回 失敗しない賃貸物件の選び方

【新連載!不動産コラム】 第1回 失敗しない賃貸物件の選び方

今月からプノンペンで不動産事業を営んでいるアンナアドバイザーズ株式会社の荒木杏奈さんによるWeb限定連載がはじまりました!

カンボジア国内での引っ越し、不動産投資、日本からの移住をお考えの方は必見の情報を発信していきます♪

第1弾は「失敗しない賃貸物件の選び方」についてです。

 

アンナアドバイザーズについて

皆さん、こんにちは!

日本国内とカンボジアを拠点に不動産事業を営んでおりますアンナアドバイザーズ株式会社の荒木杏奈です。

不動産業といっても幅が大きいですが、弊社が行っているのは物件を売りたい方と買いたい方をつなぐ「売買仲介業」、賃貸マンションやアパートなどの管理を行う「賃貸管理業」、地主や資産家に対して資産運用や土地活用などについてコンサルティングを行う「不動産コンサルティング業」です。

売買を仲介したうえで、日本や外国の投資家が購入されたカンボジアの物件に関して賃貸募集や管理などを行っています。

これからこちらのNyoNyum WEBにて、定期的にカンボジアの不動産情報を配信していきますのでよろしくお願いします。

 

お部屋探しや選び方のチェックポイント

賃貸物件は選び方を失敗したからといって、すぐに変えられるものでもないですよね。ここでは、物件選びで失敗しないために重視したいポイントや内見時のコツを紹介します。

多くの賃貸物件のご案内をしていて、感じることは、賃貸の目的が明確でないと、物件を見るうちに、ブレてしまう事です。

その目的を固めるサポートをする事が、私たち不動産屋の役目でもあるのですが、色々見過ぎて疲れちゃった、もう引越しは面倒くさい!なんて方もいらっしゃいます。

 

カンボジアでのお部屋探しで多い条件は以下のとおりです。

 

・スーパーやコンビニなど買い物に便利

・ジムとプールなど付属施設が充実している

・オフィスや学校へのアクセスが良い

・間取りの良さ

・清掃サービスがついている

・24時間セキュリティー

・静か

・インターネット、ケーブルテレビ料金込み

・家具・家電付き

・バルコニーあり

 

しかし、なかなかこれらの条件に全部当てはまる魅力的な物件に出会う事は難しいかもしれません。

もし全部当てはまる物件があったとしても、家賃が高くて予算オーバー…なんてことも。

逆に、家賃を優先しすぎるがゆえにアレもコレもと、条件の優先順位を下げると物件探しに失敗します。

 

何のために引っ越しをするのか、引っ越しをする上で何が一番重要なのか。

 

自分にとって外せない条件を明確にすることが大事です。

譲れない条件を決めておかないと、どんな物件を内見しても物件の良い部分、悪い部分が目に付き、物件を決められないまま時間だけが過ぎてしまいます。

 

ちなみに、私の海外生活の優先ポイントは、セキュリティと立地です。

みなさんはいかがですか?

お困りでしたら、不動産会社の担当者に相談をしてみてください。第三者に話すことで方向性がスッキリすることもありますよ。

 

物件選びの時の忘れがちなチェックポイント

次に、物件選びの時の忘れがちなチェックポイントをご案内します。

 

・廊下やエントランス、ジムやプールなどの共有スペース

・扉や窓の状態(開け閉めしやすいか、網戸の有無)

・シャワーの水圧

・築年数(一見綺麗に見えても、最近リフォームした物件で新築ではない物件がございます)

・スマホの電波がきちんと入るか(キャリアによっては対応していない物件があります)

・昼と夜周辺環境の変化

・発電機の有無(全ユニットまたはエレベーターや廊下の共有部のみ発電機対応など物件によって異なります)

・駐車場(必要な場合、費用と場所)

 

共有スペースがしっかりと掃除及びペストコントロールがされているかどうかは重要なポイントです。

管理の良さや、住民によって、騒音など別のトラブルにも繋がる傾向も考えられます。

 

また、物件の状態や周辺環境は、1日を通じて同じではありません。

昼は静かで住みやすそうな場所でも、夜になるとパーティーなどでしょっちゅう部屋に集まる人の声でうるさくなることもあります。

基本動線となるところに何があるか確認するために、可能であれば周辺を歩いてみましょう。

 

具体的に確認するポイントがわからないという人も、一度昼と夜の2回、物件や周辺環境を確認しましょう。実際に歩いたりするだけで「ちょっと周りがうるさいなぁ」など気になるポイントが見えてきます。

お引越し後、快適な生活が送れるよう、参考にしてみてください。

それでは、これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

アンナアドバイザーズ株式会社 代表取締役 荒木杏奈さん

1984年生まれ、東京都出身。日本で働いていたときに東南アジアの投資環境を調査。その後、一念発起して2012年にカンボジアへ移住し金融機関に勤務。2013年に独立し、不動産会社を設立。2019年には一般社団法人「RE AGENT」の代表理事に就任。今年1月女の子が誕生し、2児の母となった。
SNSでカンボジア不動産情報発信中!→ 会社HP, Blog, Twitter, Facebook(EN), Facebook(JP), Instagram(annaadvisors_cambodia), Instagram(Anna Araki)

【過去のインタビュー記事はこちら】

【NyoNyum106号掲載】NyoNyum広場「完璧を目指さない」と「人に頼る」 これが “2児の母流”仕事&子育てのヒケツ!