(日本語) 10/1 Raffles Grand Hotel d’Angkor がリニューアルオープン!
(日本語) 10/1 Raffles Grand Hotel d’Angkor がリニューアルオープン!
2019.10.17

遺跡観光の街・シェムリアップから街角案内やホットな話題をお届け!
今回は、大規模なリノベーションを終えてリニューアルオープンしたフレンチコロニアルな老舗ホテル「Raffl es Grand Hotel d’Ankgor」について紹介します。

 

シェムリアップを代表する老舗ホテル

改装後のランドマークルーム。歴史を感じる雰囲気を重視し、客室の電話はあえてダイヤルを回す旧式のものを設置

 

カンボジア、ベトナム、ラオス。かつてフランスの統治下にあった歴史を持つこの3 国には、ヨーロッパの街並みを思わせる建造物が今も残る。

シェムリアップにある1932 年創業の「Raffles Grand Hotel d’Angkor」もその一つ。

当時ヨーロッパで流行していたアールデコ様式と、統治国である現地の建築様式を融合させたデザインはフランス人建築家によるもので、フレンチコロニアル様式と呼ばれる。

そのRaffles Grand Hotel d’Angkor が、5 カ月に渡るリノベーションを終えて10 月1 日に再オープンした。

今回の改装でホテルの外観はクリーム色から白に外壁が塗り替えられた。

全客室からその他の館内施設まで、そのほとんどに手が加えられたが、基本的な構造はそのまま。

元の設計の良さを生かし、歴史を重ねた趣きある雰囲気はしっかりと残しながら、モダンさと快適性を兼ね備えたホテルに生まれ変わった。

室内は、重厚感のあるウッドフロアはそのままにライトを増やして明るく過ごしやすく、またUSB が差せる充電設備を追加。

浴室はイタリア製のタイルや備品に変えて、スタイリッシュかつ機能的に。

 

歴史を感じさせるレストラン

ホテル内の飲食施設、Cafe d’Angkor のテラス席

 

館内の飲食施設「Café d’Angkor」と「ElephantBar」は、ノスタルジックな空気感を壊さないように改装。

さらにクメール料理レストラン「1932」が新たにオープンした。

宿泊はもちろん、食事やアフタヌーンティー、バーで一杯にも。

より快適になったRaffles Grand Hotel d’Ankgor で、歴史に浸って優雅にゆったり。

そんな贅沢な時間を過ごしてみては?

 

ホテル詳細

 

Raffles Grand Hotel d’Angkor
住所: 1 Vithei Charles de Gaulle,Svay Dang Kum, Siem Reap
電話: 063-963-888
WEB: http://www.raffles.com/siem-reap

MAP:

<その他のシェムリアップ情報>



編集部イチオシ記事
<新感覚!胡椒×スイーツが楽しめるシェムリアップの隠れ家カフェ>

<NyoNyum101号シェムリアップ特集>








この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

アンコール見聞録 #31 遺跡を空から見てみると

2022.07.06 アンコール見聞録シェムリアップ

Moi Moi ライフ #62 教師の頑張りに感謝!

2022.06.26 シェムリアップシェムリアップMoiMoiライフ

Moi Moi ライフ #61 公立学校の教師不足、次なる一手へ

2022.05.06 シェムリアップシェムリアップMoiMoiライフ

アンコール見聞録 #30 クメール正月再び♪(2022)

2022.04.30 アンコール見聞録シェムリアップ

<マオマオ・カンボジア⑪>カンボジアの村の暮らしを楽しもう!

2022.04.26 シェムリアップマオマオ・カンボジア

Moi Moi ライフ #60 コロナ禍乗り越え、 自立したスタッフたち

2022.03.06 シェムリアップシェムリアップMoiMoiライフ

アンコール見聞録 #29 変わるもの、変わらないもの

2022.03.04 アンコール見聞録シェムリアップ

おすすめ記事