「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌NyoNyum > 【旅育!!ノマド家族】 > 【旅育!!ノマド家族。】息子ぼっこ、YouTubeデビューを果たす!?

【旅育!!ノマド家族。】息子ぼっこ、YouTubeデビューを果たす!?

現在、カンボジア国内で配布中のNyoNyum 104号から!

中村英誉さん、有紀子さん夫妻のカンボジアはじめ、海外での子育ての様子を紹介する「旅育!!ノマド家族。」もWEBサイトでも紹介!

第4回目の今回は、人気YouTuberから撮影オファーを受けた、1歳の息子さんの飛行機移動を快適にする親の工夫と発見について、有紀子夫人が教えてくれました。

 

息子ぼっこ、YouTubeデビューを果たす!?

飛行機に乗ることの多い中村家。若干 1 歳数か月の息子の搭乗回数は 20 回を超える。最初の数回は試行錯誤の連続だった。
空港に行く時間を調整したり、飛行機の上昇下降中は授乳をしたり。

飛行機の搭乗に関しては個人差が大きいだろうが、息子の場合は飛行機内で耳が痛くならない、かつタイミングを合わせればよく寝てくれるタイプだったので色々と助かった。

しかし、大きくなるに従って別の問題が出てくる。特に悩ましいのが離乳食の問題だ。2 歳までは Baby Meal のオーダーができるが、航空会社によって出てくるものは様々で食べさせにくいことも。

最も簡単な解決方法は日本の離乳食を持参すること。でもズボラな私は手っ取り早い方法で解決している。それはスペシャルミールをオーダーすること。

よく頼むのは Low Salt Meal。1 歳前後の子なら食べられるくらいの薄味で安心して食べさせられる。他にも Seafood Mealや Fruits Meal 等、色んな種類の食事を選べるので、いつもの機内食以外も食べてみたい ! という方は、ぜひ挑戦あれ。

また息子と飛行機に乗って知ったのが、バシネット。赤ちゃん専用ベッドだ。
フルフラットでファーストクラスのような待遇で移動できる。設置場所が一番前の座席前のため、大人も足元が広い座席を利用できる恩恵にあずかれる。これも息子と飛行機移動するまで知らなかった世界だ。

子連れ搭乗の経験値が上がったからか、人気 YouTuber おのださんから息子の飛行機搭乗を撮影したいとオファーが。
息子ぼっこ、YouTube デビューします。

 

興味がある方はこちらをご覧ください !

ついでに夫もひっそり YouTube始めました。よかったらこちらもご覧ください !!

 
 

筆者プロフィール


筆者:青木有紀子

元青年海外協力隊で、現在子連れワーカー。海外子育てを試行錯誤中。一般社団法人Social Compass(ソーシャルコンパス)代表の主人と旅育ノマド家族を目指す。
◆ Social Compass公式WEBサイト:https://socialcompass.jp

 

これまでの記事

父:中村英誉さんのインタビュー記事

【旅育!!ノマド家族。】①子供に優しいカンボジア社会

【旅育!!ノマド家族。】②初めての海外旅行!?

【旅育!!ノマド家族。】③変化を求め続けてきた僕にとって結婚・子供は人生最高のスパイスだった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします