「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌NyoNyum > NyoNyumを読んで体験してみた > 新感覚!胡椒×スイーツが楽しめるシェムリアップの隠れ家カフェ

新感覚!胡椒×スイーツが楽しめるシェムリアップの隠れ家カフェ

NyoNyum愛読者が、雑誌で紹介したあれこれを実際に体験しレポートする企画「NyoNyum愛読者が体験しました」が今月から始動!

記念すべき第1回目は、NyoNyum 101号の特集「シェムリアップどうでしょう?」で紹介した「RAYS Mrech Kampot Cafe(レイズマレッカンポットカフェ)」に行ってきました♪

RAYS Mrech Kampot Cafeは、シェムリアップで遺跡巡りや、街歩き、ショッピング、ランチを楽しんだ後に、ふらっと気軽に立ち寄れて、時間を気にせずゆっくり過ごすのにぴったりのカフェ!

実際にお店に潜入して、魅力を余すところなくレポートします! また、記事の最後にお得な割引情報もあるのでお見逃しなく!

RAYS Mrech Kampot Cafeとは?

RAYS Mrech Kampot Cafeは、「カンポットペッパー」を使ったユニークな食べ物やドリンクが楽しめる、おしゃれな隠れ家カフェ。

ちなみに、カフェの名前の一部である「Mrech」は、クメール語で「胡椒」のこと。

内部リンク
シェムリアップ特集⑤「若き日本人女性が手掛けるカフェでカンボジア産胡椒のフード&ドリンクを」
過去に、雑誌とWEB記事で紹介しています。カフェの概要や特集記事の内容を見たい方は要チェック♪

 

RAYS Mrech Kampot Cafeってどこにあるの?


RAYS Mrech Kampot Cafeは、オールドマーケットから徒歩8分! 小道をすすんでいくと、緑と花に囲まれたお店が現れます。市内の喧騒から逃れたい人にとっては最高の立地。

RAYS Mrech Kampot Cafeに行ってきました♪

シェムリアップの住宅街の中に突如現れるオシャレな外観のカフェ。カンポットペッパーの看板が目印です!

早速、店内に入ってみよう!

お店の中に入るとフレッシュなホワイトローズの香りでいっぱいの空間が広がります。

思わず見とれてしまうブルーが基調の空間は、旅行が好きなオーナーが旅行中に訪れたカフェからインスピレーションを受けて、自らデザインしたんだとか。

カンポットペッパーの販売コーナーもお店に併設

お土産用の胡椒は、3ドルから販売されています。

店内には、パウダー状の胡椒や粒状の胡椒、胡椒が入ったオリーブオイルなど、さまざまな商品が至るとろこに並べられており、好みに合わせて選べます。もちろん、胡椒を挽くためのミルも購入可能です。

店の外には喫煙スペースが!

店内は全面禁煙ですが、お店の外には喫煙スペースがあります。

カンボジアの伝統的な柄がほどこされた灰皿が、なんとも可愛い♪

待ち時間をストレスなく楽しめる一工夫

注文後、待ち時間が退屈にならないようにというオーナーの粋な計らいで、七夕の短冊を連想させるカードが置かれています。

壁にはいろんな人が書いたカードがたくさん飾られています! これを読むだけでも十分楽しい♪

棚には、ニョニュムの雑誌も置いてありました♪ もちろん、最新号も読むことができますよ。

お待ちかねのスイーツが運ばれてきました!

RAYS Mrech Kampot Cafeの美人オーナー、木下さんが自ら料理を運びます。

とても色鮮やかで美味しそう。華やかにデコレーションされたスイーツを見て、期待が高まります♪

期待に胸を膨らませ、いざ…実食!

今回注文したのは、フレンチトーストにバニラアイスとフルーツが添えられた「パッションフルーツ&ベリーズ・フレンチトースト」(5ドル)と、ソーダにピーチのシロップとバラフライピーが入った「オーガニック・フラワー・ソーダ・ピーチ」(4ドル)

フレンチトーストに赤胡椒をかけさせていただきますねーと、手慣れた様子で準備をしてくれる木下さん。美しいプレートの上に、挽きたての赤胡椒が加わります。


木下さん

赤胡椒は辛味が少なくて、香りがすごくいいんです。当店では、ハーブみたいな感じで、香りづけのために使っています。
アイスクリームやチーズケーキ、クッキーにとても合います。お菓子作りが好きな方は隠し味に入れると、絶対美味しく仕上がりますよ!

え……赤胡椒とフレンチトースト?! 意外な組み合わせですが、試してみる価値はありそうです。

木下さん
木下さん

あと、お好みで一緒に添えてあるパッションフルーツの果肉をかけて食べてみてください。とても美味しいですよ♪

半信半疑で、木下さんの言われるがままパッションフルーツをかけていただきます。「フレンチトースト+赤胡椒+パッションフルーツ」ってどんな味何だろう? 想像ができないですが、その味やいかに?!

んんーっ! 甘さ控えめで美味しい! フレンチトーストの甘さと、赤胡椒の香りと、パッションフルーツの酸味が絶妙にマッチ!

カンボジアのスイーツは結構甘めのものが多いですが、これは甘すぎるスイーツが苦手な人でも食べられる上品なお味。目でも舌でも楽しめる芸術的なデザートです。

優雅な気分に浸ったところで、お店で大人気のソーダドリンクをいただきます。

ピーチ味のシロップの自然な甘みと、ソーダのしゅわしゅわが、観光のあとの火照った身体をクールダウンさせてくれます。暑い日って、冷たくて甘い飲み物が欲しくなりますよね? 夏にぴったりのドリンク。

木下さん
木下さん

氷の中にバタフライピーの花が入っていて、氷が溶けると徐々にバタフライピーの青色がドリンク全体に広がっていくんです。色の変化をお楽しみください!

むむっ! それは、試さずにはいられない。早く色が変わる姿を見たいがために、高速でマドラーをかき混ぜます(笑)。

わぁー、紫色になりました! これは、楽しい! 鮮やかなグラデーションから色が変わるワクワク感を満喫できて、遊び心をくすぐられました。

食べ物やドリンクはもちろんのこと、内装も可愛いので、インスタ映えする写真がバッチリ撮れますよ♪

今回オーダーしたのは、2品だけですが、RAYS Mrech Kampot Cafeにはその他にもユニークな胡椒を使ったメニューが充実。ここからは、豊富なメニューの中から特に人気なものを紹介します。

気になる人気メニュー!

・カンポットペッパー・マルガリータ:6ドル

・フレンチトーストとカンポットペッパー:4ドル

View this post on Instagram

 

A post shared by Rays Mrech Kampot Cafe (@rayscafesiemreap_kampotpepper) on


・カンポットペッパー・ブラウニー:4ドル

View this post on Instagram

A post shared by Rays Mrech Kampot Cafe (@rayscafesiemreap_kampotpepper) on


・ベーコンチーズ・トースト:3.5ドル

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Rays Mrech Kampot Cafe (@rayscafesiemreap_kampotpepper) on

 

お得な割引情報!

会計時にインスタグラムを活用すると……、なんと10%オフに!

ここからは、その手順を紹介します!

1.まずは、お店のインスタグラムをフォロー

店内にある、バーコードをスキャンするか、RAYS Mrech Kampot Cafeの公式インスタページにとび、フォローします。

2.指定ハッシュタグをつけて写真を投稿

#raysmerchkampotcafe というハッシュタグをつけて、自分のインスタに写真を投稿!

3.画面を見せて10%割引に!

投稿画面を見せると、会計時に10%割引が適用に。とても簡単に投稿できるので、このお得な割引サービスをぜひ活用しましょう♪

オーナーの木下さんからコメントをもらいました!

知り合いのカンボジア人が育てたカンポット胡椒を食べた時に感動して、その胡椒の美味しさをたくさんの人に伝えたいと思い、このカフェを始めました。

ありがたいことに、日本のお客様だけではなく、欧米の方たちや、カンボジアの方たちにもご利用いただいています。

今後、もっとユニークな食べ物やドリンクを楽しんでもらえるように、現在新しいメニューを考案中です。楽しみにしていてくださいね♪

シェムリアップで、落ち着いた雰囲気のカフェでリラックスしたい方は、ぜひRAYS Mrech Kampot Cafeへお越しください!

RAYS Mrech Kampot Cafe
(レイズ・マレッ・カンポット・カフェ)

所在地:Steung Thmey, Sangkat Svay Dangkum, Siem Reap
電話:081 974 885
Facebook:Rays Mrech Kampot Cafe
Instagram:rayscafesiemreap_kampotpepper
営業時間:火〜日 10:00-19:00(月曜定休日)

その他シェムリアップのカフェはこちら!



この記事を書いた人:西村 望美

ウェブライター/日英の翻訳家
大阪府出身。2019年8月より東南アジアを拠点に細々と活動中。
大学を卒業後カンボジアで社長秘書▷中南米を旅するフリーランスの翻訳家▷オーストラリアで生活情報媒体のウェブライター▷現在はフリーランスで翻訳&ライティング業務をしつつ、趣味で個人サイトの運営をしている。
人間観察、旅行、ゲイバー、日本酒が大好物。
Facebook Twitter Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします