「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 芸術文化 > アート > 「サッカー×アート アジア代表プロジェクト」がカンボジアで開催

「サッカー×アート アジア代表プロジェクト」がカンボジアで開催

 width=

先日、サッカーと芸術文化の融合でアジアの人々の交流を目指した「サッカー�アート アジア代表プロジェクト」がカンボジアで開催された。
このプロジェクトは2015年、国際交流基金アジアセンターが総合プロデューサー日比野克彦氏(アーティスト)と「アジア代表日本」実行委員会とともにサッカーワールドカップ2018年ロシア大会に向けて、アジアでのサッカーとアートのふれあいの場を増やし、新たなサッカー文化の形成、新たな価値観の創造を目指すことで九州・福岡からはじまり、2015~2017年の3年間で日本代表がワールドカップ予選で対戦したシンガポール、タイなど主に東南アジア諸国でマッチフラッグプロジェクトを展開。

<マッチフラッグとは>
サッカーの試合の前に大きな一枚の布にその日に試合をする両国の国旗をモチーフにして作る大きな旗のこと。観戦する両国の人々、サポーターがそれぞれの思い描いたものをスタジアムで紹介するもので、近年はワールドカップなど大きな大会の前に行われている事が多い。

このプロジェクトがカンボジアで行われるのはワールドカップロシア大会アジア地区2次予選で日本代表とカンボジア代表が対戦した2015年11月以来、2度目。3月19日にプノンペンのCJCC(Cambodia-Japan Cooperation Center)などでマッチフラッグの制作が行われ、孤児院の子供たちや日本人が支援している学校の生徒などが参加して行われた。
そして、3月23日にプノンペンで行われた「国際親善試合 カンボジア代表 対 インド代表」戦で、子供たちが制作したフラッグで選手達を応援するなど、両国のサポーターと交流。今回のプロジェクトはカンボジアで現地の若い人々の芸術指導を行なっている山田アートスクール(山田隆量代表)が協力し、実現。フラッグを描く際には山田代表はじめ、山田アートスクールの生徒達が子供たちをサポートして制作に携わった。
 width=  width=

近年のカンボジアのサッカーは急速に力をつけ、人気も急上昇中。元々、古代からアンコールワットなど芸術的な土壌があるだけに、今後はサッカーとアートの融合で新たな文化を創造し、世界にアピールしていくことに期待したい。

サッカー�アート アジア代表プロジェクト詳細
http://jfac/jp/culture/dictionary/soccer-art-asiadaihyo/

YAMADA ART OF SCHOOL Facebook ページ
https://www/facebook/com/yamadaschoolofart/?fref=ts

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
 width=