「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > 「鳥インフルが心配」約60人が病院へ バンテアイミエンチェイ州

「鳥インフルが心配」約60人が病院へ バンテアイミエンチェイ州

カンボジアデイリー紙によると、3月5日から6日にかけ、バンテアイミエンチェイ州サンテピアップ村の住民約60人が「鳥インフルエンザウイルスに感染したのではないか」と心配し、州内の病院に駆け込んだ。同村で大量の鶏が死んだことから、住民の間に不安が高まったが、感染者は確認されていない。また、鶏の大量死は、鳥インフルエンザとは別のヒトには感染しない「ニューカッスル病」ではないかとみられている。

カンボジア国内では、今年に入ってタケオ州などで8人が鳥インフルエンザウイルス(H5N1)により死亡。フン・セン首相が注意を呼びかける声明を発表した。