「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > プノンペンに日系総合病院が開院

プノンペンに日系総合病院が開院

9月20日、カンボジアのフン・セン首相も出席し、「サンライズジャパン病院プノンペン」の完成式典が行われた。

この病院は、北原国際病院(東京都八王子市)を運営する医療法人社団KNIの関連会社と、日揮、産業革新機構の3社が出資する現地法人「Sunrise Healthcare Service社」が運営を行う。

一般内科、一般外科、消化器内科、循環器内科、脳外科などの診療科のほか、救命救急センターも有する。病床数は50床。

「医療の輸出産業化」を目指し、日本人医療スタッフが約20名駐在し、日本水準の医療サービスを提供していく。