「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > ミネベアがカンボジア工場の第3棟完成、自社生産拠点で最大規模

ミネベアがカンボジア工場の第3棟完成、自社生産拠点で最大規模

ベアリング(軸受け)やスマートフォン用部品の生産を行うミネベアは、11月2日に開催された第2四半期決算説明会で、プノンペンの経済特区内にあるカンボジア工場で第3棟を完成させたことを発表した。

第3棟は建築面積3万1,500平方メートル、床面積6万3,000平方メートルで、ミネベアの自社生産拠点としては最大規模。

この工場では、2017年初めから自動化生産が難しいボールベアリングの手組みを始める予定で、月産500万個を目標に、最終的には月産1,000万個の生産能力を持ちたいと考えている。

貝沼由久社長は、「工場は最高の商品と思っているので、工場をさまざまなお客様にお見せすることによって、大規模なビジネスを呼び込みたい」と意気込みを語った。