「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > 政治評論家のカェム・レイ氏が射殺される

政治評論家のカェム・レイ氏が射殺される

プノンペンのコンビニエンスストアで10日、政治評論家として有名なカェム・レイ氏(45)が射殺された。午前9時頃に起きた白昼の惨劇だった。

犯人は逃走したが、近くの寺院で取り押さえられた。警察によると、犯人はタイに出稼ぎに出ている38歳の男で、カェム・レイ氏との間で金銭トラブルがあったと供述しているという。しかし供述に不自然な点も多く、レイ氏は以前から与党に批判的な発言を繰り返していたため、政治的暗殺ではないかという世論が大きくなっている。

フン・セン首相は哀悼の意を表し、警察に全容解明に向け全力を上げて取り組むよう指示した。最大野党の救国党党首であり現在国外亡命中のサム・レンシー氏は「これは国家によるテロだ」と政権を非難した。

カンボジアは2017年にコミューンの選挙、2018年に総選挙が控えている。