「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > 特集記事 > お母さんたちに職を。 1杯分パックのドリップコーヒー<JLMM>

お母さんたちに職を。 1杯分パックのドリップコーヒー<JLMM>

お母さんたちに職を。
1杯分パックのドリップコーヒー

ジェイエルエムエム(JLMM)

1杯分ずつパックになったJLMMのドリップコーヒー。プノンペンのストゥンミエンチェイ地区のお母さんたちが、カンボジア産の豆3種をブレンドしたコーヒーを1つ1つ手作業でドリップバッグに詰めている。

かつて近くのゴミ集積所から換金できるものを拾い集めて生計を立てていたこの地区の人たちは、2009年の集積所移転に伴い遠くの集積所に通ってなんとか食いつなぐように。「貧しい人たちが大事にされる社会」を目指しさまざまな活動を行う日本のNGO、JLMMは、同地区のお母さんたちに職を提供するため、これまでにババヘラアイスとロッティー(クレープのようなお菓子)の屋台運営も行っている。これに加え、昨年夏からドリップコーヒーの製品化に取り組み、お母さんたちに給料制で作業にあたってもらっている。

現地で活動する同団体の浅野さんは、「今はまだ少人数ですが、今後人員を増やしてより多くのお母さんたちの収入につなげたい。お土産としても普段の生活の中でもたくさんの方に飲んでもらえたら」と雇用拡大に向けた販売促進に努めている。

 

<商品をご購入希望の場合>
  

NyoNyum Shop イオン店