「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > ビジネス > ニュース > 「クメール語スピーチコンテスト2019」優勝は吉田篤史さん!

「クメール語スピーチコンテスト2019」優勝は吉田篤史さん!

2019年10月5日(土)、「クメール語スピーチコンテスト2019」(主催:駐日カンボジア王国大使館)が、カンボジア王国大使館(東京都港区)で開催されました。このコンテストは、カンボジアと日本の友好関係を深める目的で、毎年行われているもの。書類選考を経て選ばれた12名が本選に臨み、レベルの高いスピーチを行いました。

また、コンテストには外務省南部アジア部の石川浩司部長、上智大学アジア人材養成研究センター所長の石澤良明先生も招かれ、受賞式後のパーティーでは、王立プノンペン芸術大学でカンボジア古典舞踊を修得された山中ひとみさんによる舞が披露されました。

 

優勝は大学生の吉田篤史さん!

優勝したのは吉田篤史さん(東京外国語大学3年)。プノンペン大学留学中に、カンボジアの変化の激しさを目の当たりにしながらも、素晴らしい文化や自然が変わらない点は日本と同じだと感じ、これからもそんな共通点を持つ国同士、交流を深めていけたらとスピーチしました。
内容だけでなく、発音の良さも高く評価されました。

 

第2位野口亜依さん

第2位は野口亜依さん(東京外国語大学1年)。大学入学後からクメール語の勉強を始めて、まだ3カ月での快挙。「カンボジアと日本の食」をテーマにスピーチを行いました。「話したい内容は決まっていたけれど、クメール語の発音が難しかったです。まだカンボジアへ行ったことがないので今年の冬に行ってみたい」と話されました。

 

第3位吉田さくらさん

第3位の吉田さくらさんは、2008年に初めてカンボジアを訪れたことをきっかけにクメール語の勉強を開始。その後、留学や仕事でカンボジア滞在中に感じた、カンボジア人の笑顔で助け合う姿勢をテーマにスピーチをされました。カンボジア人の旦那さんには、本番前の練習でいろいろサポートしてもらったそうです。

ウン・ラチャナ駐日カンボジア大使から

授賞式で、ウン・ラチャナ駐日カンボジア大使は「参加者のみなさんが一生懸命スピーチしてくれたことに、心から感謝します。外国語の勉強は大変です。私も日本語を勉強していますがとても難しいです。今回のみなさんの経験はクメール語力の向上だけでなく、カンボジアへの愛情、友情、さらにカンボジアの伝統や文化の理解にもつながるものです。ぜひこれからもそれらの理解が深まるように応援しています」と挨拶しました。