「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > 特集記事 > モダンに取り入れる伝統医療 カンボジアの薬草を使ったスパ製品<kru khmer>

モダンに取り入れる伝統医療 カンボジアの薬草を使ったスパ製品<kru khmer>

モダンに取り入れる伝統医療
カンボジアの薬草を使ったスパ製品

kru khmer
クルクメール

 

クルクメールとは、カンボジアの伝統医療師のこと。カンボジアに自生する植物や動物、ミネラル由来の生薬を使用する民間療法は、アンコール王朝時代に発達したと言われ、今もカンボジアの人々の生活の中に深く根付いている。「kru khmer」は、そんな伝統医療の生薬レシピを元に、カンボジアのハーブを配合した入浴剤や石けん、虫除けスプレー、リップクリームなどを製造・販売している。
 
 

代表の篠田さんは20歳のときに初めてカンボジアを訪れ、貧しさとは裏腹にキラキラした笑顔で幸せそうに暮らすカンボジアの人々に惹きつけられた。一方で学校建設のボランティアを通して「学校が建っても、親に仕事がないと子どもは学校に通えない」という現実にぶつかり、「仕事の機会を作りたい」「この国の人たちと、自国の文化を誇れるものづくりがしたい」と考えるようになったという。

その思いが今の事業につながったきっかけは、カンボジアの薬草サウナ「チュポン」との出会い。「産後のカンボジア人の友人宅で体験させてもらったら、想像以上に汗が出てスッキリし、ハーブの香りに包まれてなんとも癒されました」。すっかり薬効に魅了された篠田さんは、薬草について調査を開始。伝統医療の存在を知り、伝統医療師・クルクメールを訪ねて秘伝の薬草のブレンドレシピを授かり、商品に応用した。こうして生まれたkru khmerの家庭で使えるスパ製品は、おしゃれなパッケージも相まって女性を中心に人気を集め、2015年には「チュポン」が体験できるスパ「spa khmer」もオープンした。商品とサービスを通し、「カンボジア人の知恵と伝統」を世界中の人たちに伝えている。

  

篠田さん(後列中央)とkru khmerのスタッフ

 

 

 

<商品をご購入希望の場合>
  

NyoNyum Shop イオン店