NyoNyum120号特集:⑤テーマパーク・公園で自然を楽しもう!
NyoNyum120号特集:⑤テーマパーク・公園で自然を楽しもう!
2022.10.06

現在、カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum120号の特集のWeb版です。

「より住みやすい街を目指してーシェムリアップの今を歩こう!ー

シェムリアップ州は世界遺産アンコールワットを有し、カンボジアで最も観光が盛んな地域。しかしこの2年来、新型コロナの影響で観光業が大打撃を受け、まるでゴーストタウンのようになってしまった市内の様子が、日々SNS等で伝えられていました。

そんなシェムリアップは、コロナ前の2018年にプノンペン、バッタンバンとともに、日本政府が支援するASEANスマートシティ・ネットワークのパイロット都市として採択されました。また、シェムリァップ州政府は2020年11月30日より市内38本の道路整備事業を開始し、コロナ禍で町全体が静まり返っている中での工事に人々は驚きを見せましたが、13カ月ですべての工事が終了し、街は美しく生まれ変わりました。

そして今、コロナ禍を抜け出しニューノーマルの生活を目指すカンボジアには、少しずつ観光客やビジネス客が戻り始めています。待ち望んでいた観光産業の再稼働に期待が膨らむシェムリアップも、この38本の道路整備を皮切りに信号設備、街灯、歩道等の整備が進み、スマート化に向けて大きく踏み出そうとしているように思われます。

シェムリアップが目指すスマートシティとはどういう姿なのでしょうか。そして現地の人や事業者たちは、この新たな発展への取り組みをどのように感じ、何をしようとしているのでしょう?

 

テーマパーク・公園で自然を楽しもう!

道路整備とともに、州政府は公園や歩道などの整備も行いました。街路樹を植えて、地元住民はもとより外国人観光客がウォーキングを楽しめる環境が整いました。加えて民間経営のテーマパークや公園が新たな行楽地として人気上昇中!遺跡観光だけでなく、自然を楽しめるのもこれからのシェムリァップ観光の魅力となるかもしれません。

 

Angkor Green Gardens

2022年6月、コロナの影響で閉鎖したカンボジア文化村の跡地に、ホテル・リゾート開発と運営を手掛けるDaraグループが新しく「Angkor Green Gardens」をオープンした。主に国内観光客でにぎわっていると教えてくれたマネージャーのホン・ヴァンナさん(43)によると、グランドオープンの6月18日から30日までは入場無料としたところ、この期間中の土曜日の入場者は7720 人、日曜日は10368人、平日は約2000人が訪れたという。入場者の98%がカンボジア人で、美しい庭を散策しながら写真撮影を楽しむ様子が多く見られたそう。

園内にはクメールビレッジのほか、少数民族の村を再現した12のゾーンがある。また、ホテル、博物館、恐竜の庭、水上の家などが20ヘクタール以上の広大な土地に点在している。ヴァンナさんは「地元の人が作った、化学物質を使わない土産物を販売するナイトマーケットも開きたいと計画中です」と教えてくれた。

ヴァンナさん

Angkor Green Gardens
住所:National Road 6, Phum Kaksekam, Sangkat Sra Ngae
電話:081-999-258
営業時間:8:00-17:00

 

アンコール植物園

アンコール植物園のエントランス

カンボジアに生息する植物を中心に、その保護と知識の普及を目的として作られた「アンコール植物園」。シェムリァップの新しい観光スポットの一つとして注目されている。15ヘクタールの広大な土地で、訪れる客は散歩をしたり運動をしたり、カンボジアの在来植物に触れたりすることができる。園内には約500 種類の植物が約5 万本植えられている。

今年5月19日にオープンしたこの植物園のことを聞きつけ、2日目にはのべ7700人の来場があったという。アンコールワットに向かう道路沿い、SOSアンコール小学校の前に位置するこの植物園の歴史は古く、実は2005年に「アプサラ・スパイス・ガーデン」という名前で存在していた。当時は2.5ヘクタールしかなく、国内外の観光客にはあまり知られていなかった。多くの観光客に来てもらうために、アプサラ機構が植物園の整備に着手した。チア・ソパラ副首相兼国土整備・都市計画・建設大臣のサポートを受けて周辺の土地を取得し、現在の植物園整備を行ったのだ。

園内の植物の性質について説明してくれたボラーさん

園内は、伝統薬と香辛料ゾーン、芝生と花のゾーン、サトウヤシゾーン、クメール住居ゾーン、森林・野生動物ゾーンの5 つに分かれており、小高い丘や池、カフェ、果物販売所などもある。マネージャーのミァック・ボラーさん(39)によると、将来的にアプサラ機構はこの植物園をアンコールワットのお堀あたりまでを含む約130 ヘクタールまで土地を広げ、遺跡観光をする観光客や地元の人々のくつろぎの場としたい考えだという。

アンコール植物園
住所:Trapaing Ses, Kok Chork, Siem Reap
電話:096-272-5037
営業時間:8:00-18:00 (Mon closed)

 

園内にはこんなスポットが!

伝統薬と香辛料園

3ヘクタールの土地に、カンボジアで古来から薬草として重宝されてきた植物や、料理に使われる香辛料、野菜など約100種類が植えられ、クメール料理や各国料理に調理して食べることができる。園内には100本リンガの山、ハス池、カメの池、ウサギの家、滝、観賞魚のゾーンなどもある。

 

カンボジアで伝統薬に使われる主な植物

ダゥムロヴィア

数種類あるが、皮を乾燥させてから整腸剤として利用されている。

 

プラェプナゥ


外側は丸くてつるつるで固く、中はネバネバした実を持つ植物。熟した実を薄くスライスし、天日干しにしたものを煮て飲むと体温を下げる効果がある。また、熟した実をそのまま虫下しとして食べることもできる。

 

ダゥムスダゥ

生の葉や乾燥した葉を解熱剤として使う。

 

ダゥムレァンサープ

二日酔いの時に飲む。また、昔の人は魔除けとしていた。

 

ダゥムレァンプノム

お産を楽にするために、花が咲いた後の熟した種を煮て妊婦に飲ませる。

 

花畑

2.5ヘクタールの土地で、草花や花木を在来種・外来種を含めて約80種観賞することができる。ほかにも、土の家、木の家、小高い丘やハス池などがあり、季節によって咲く色とりどりの花を楽しみながら散歩するのにいい。

 

サトウヤシ公園

サトウヤシやその他ヤシ科の木々、珍しい樹木など約50種をカンボジア各地から集めた1ヘクタールの公園。噴水池が4つあり、森林浴と一緒に楽しめる。

 

クメール家屋園

1.5ヘクタールの土地に約100種類の果樹や香り高い花をつける木々が広がる。敷地の中央にナーガの像の噴水池があり、水田では稲作も行われている。カフェ、レストランも併設。

 

森林動物公園

5ヘクタールの土地に50種類以上の樹木が植えられ、クジャクやタカ、フクロウ、野生の鶏などが飼育されている。花やつる植物が生い茂る池や、弓矢を体験できる場所もある。

住所:Trapaing Ses, Kok Chork, Siem Reap 096-272-5037
電話:096-272-5037
営業時間:8:00-18:00 (Mon closed)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

薬草の商売とは?

2024.03.01 特集記事生活情報誌ニョニュム

クメール薬草採取の仕事とは?

2024.02.23 特集記事生活情報誌ニョニュム

薬草対象のクメール植物って?

2024.02.16 特集記事生活情報誌ニョニュム

カンボジア生活情報誌「NyoNyum129号」発行のお知らせ!

2024.02.09 特集記事生活情報誌ニョニュム

おすすめ記事