NyoNyum126号特集②:ドンペン区の魅力を現地の 不動産専門家に聞く!
NyoNyum126号特集②:ドンペン区の魅力を現地の 不動産専門家に聞く!
2023.10.03

現在、カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum126号の特集のWeb版です。

 

「膨張し続けるプノンペンのいま〜プノンペン不動産の魅力と憧れのマイホーム開発〜

カンボジアの経済成長の舞台は首都プノンペンに集中しており、プノンペンの人口も増加しています。2008年に約150万人だったのが2019年には約210万人に、そして2035年までに300万人に達すると予測されています。人口増加を受けて、都心から周辺地域への道路や上下水道、電気などのインフラ整備を政府も進めています。

プノンペンの経済成長とインフラ整備の拡がりを背景に、理想のマイホームを求めて「ボレイ」と呼ばれる新興住宅地で夢のマイホームを購入しようと、銀行ローンを組む市民が急増しています。一方デベロッパーは、さらなる市民のマイホームニーズを満たすべく、プノンペン近郊でボレイの開発と建設を推し進めています。

今回は、プノンペンにおける不動産の現状、そしてボレイでの生活を叶えた人の生活について調査しました。

 

ドンペン区の魅力を現地の不動産専門家に聞く!

チェイン・フイホンさん(29)は、「Harbor Property Cambodia」というオンライン不動産会社のマネージャー。同社が運営するサイトへ不動産所有者は、保有する住宅や土地などの売買、賃貸に関する情報を無料で掲載できます。プノンペンの不動産業界で約10年の経験を持ち、デジタル戦略によってカンボジアへ中国からの不動産投資を呼びかけているフイホンさん。5年連続で不動産関係の展示会にも出展しているそう。そんなフイホンさんがドンペン区の魅力について語ってくれました。

住所:Samdach Sothearos blvd (3), Tonle Bassac, Chamkarmon, Phnom Penh
電話番号:099-252-288 Email: info@harbor-property.com
ウェブサイト:https://www.harbor-property.com/km

 

ドンペン区はプノンペンの商業地区として知られていますが、その魅力を教えてください。

ドンペン区の魅力といえば、立地的にプノンペンの中心に位置していることが挙げられます。インフラ整備が進み、官庁や金融機関、企業のオフィスが集まり、買い物スポットやレストランなどもたくさんあります。

 

ドンペン区の歴史を教えてください。

19世紀にカンボジアはフランスの植民地になり、フランスによりプノンペンの都市計画が行われました。1953年に独立を果たした後も都市開発はさらに進み、ドンペン区に多くのフランス様式の建物が建てられました。この時代から、ドンペン区が他の区よりも重要な場所となり、官庁や商業ビル、共有住宅が多く建てられました。ポルポト政権下の時代を除けば、プノンペンの中心地区として栄え、行政、商業、市民生活で重要な役割を果たしてきました。

「Knight Frank」という不動産総合コンサルティング会社の2020年の発表によると、プノンペンの主要 4区の中で、ドンペン区は最もオフィスの供給率が高く、25%も占めています。その次はチャムカモン区の20%、7 マカラ区の18%、ボンケンコン区の16%と続きます。10年前と比べれば、ドンペン区に
は商業用の高層ビルが格段に増えましたね。

 

外国からの投資も多いですか?

現在ドンペン区も含めてカンボジア全体は、中国からの投資が最も多いです。他にはでアメリカやシンガポール、韓国、ベトナム、日本、マレーシアが多い印象です。

 

ドンペン区に住んでいた住民が土地や住居を売って郊外に引っ越す動きがあると聞きましたが、実際いかがですか?

10年ほど前には市場周辺の住民が自分の家を売り、都心から少し離れたボレイの住宅を買って住む動きがありました。この傾向は昔も今もありますが、だんだん数は少なくなっています。都心の住民は、経済成長とともにもっと良い生活環境を求めます。

たとえば、セントラルマーケットやオールドマーケット、オルセイマーケットなどの周辺住民は1950年代、60年代頃に建てられた古くて狭い建物に住んでいるため、昨今のボレイ建設ブームに伴ってより広い家を持ちたいとチュロイチョンバー区やチュバーオンパウ区、センソック区へと流出し、特に近年はプノンペン南部のボレイに居住地を求める傾向があるようです。ドンペン区には昔から商店経営をする人が多いため、ここ最近は郊外へわざわざ移住する動きは少なくなっているように感じます。

 

この地区に住んでいる住民はどのような職業の人が多いのでしょうか?

自ら商売をしている人と公務員が多いですが、この地区のオフィスで働く地方から上京した人や外国人もたくさんいます。

 

オンライン不動産会社の立場から、昨今の都心の開発に伴う地価上昇や都心から郊外に移住する市民の動きを見ていて、どう感じますか?

人口増加の傾向から考えると、複数世代で住む家族の人数が増えていることや、経済的な余裕が生まれた都心の住民の一部がより良い生活環境を求めて郊外に出て行くようになったんだと思います。商業地として活気のあるドンペン区は地価が高騰しているため、土地や家屋を売って郊外に出るという選択は自然の流れなのかもしれません。

 

ドンペン区の価値は何だと思いますか?

ドンペン区や周辺地区はプノンペンの商業中心地としての役割を昔から果たしてきています。既存インフラの更新も進み、投資先としても魅力十分です。つまりプノンペンの経済を担うエリアだということです。

次は観光地としての魅力です。ドンペン区には王宮や国立博物館、ワットプノンなどのほかに、屋台やローカル市場など地元の人の生活風景が見られる場所も織り交ざり、観光客にとっては魅力的です。

それから都心計画が進んでいるため、ドンペン区と周辺地区は老朽化したインフラを新しくする整備が進んでいます。そのおかげで、この地域は高級住宅地として富裕層や海外の投資家の注目を常に集めています。

 

ドンペン区以外で、プノンペンの商業地として注目が集まっているのはどこですか?

各国の大使館、インタナショナルスクール、住宅地や娯楽施設、レストラン街が広がるチャムカモン区が挙げられます。また最近はプノンペン北部のトゥールコーク区もショッピングモール、ホテル、ビルなどの建設が急増している地域です。

 

ワタナックタワー周辺はドンペン区の一等地だという

 

ドンペン区には高級な高層ビルがあちらこちらに建てられている

 

カンボジア国立銀行の新しい本庁もドンペン区に建設中

 

Harbor Property Cambodia のオフィス

 

Harbor Property Cambodia のスタッフが働く様子

 

ドンペン区に位置している王宮が国内外の観光客を迎えてくれる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

今年のクメール正月を思う市民の感想

2024.05.17 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

ニョニュムスタッフのクメール正月の過ごし方

2024.05.10 ニョニュムスタッフ現地レポート特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

寺の存在とクメール正月とは?

2024.05.03 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

クメール正月の準備とあれこれ!

2024.04.26 特集記事生活情報誌ニョニュム読み物

おすすめ記事