(日本語) カンボジア生活情報誌「NyoNyum111号」発行のお知らせ!
(日本語) カンボジア生活情報誌「NyoNyum111号」発行のお知らせ!
2021.02.10

カンボジア生活情報誌「NyoNyum(ニョニュム)」111号を発行しました!
今回の特集は、カンボジアの調味料プラホックです!

 

「味の決め手はプラホック

古くから代々に伝わり、造られてきた、カンボジアの調味料プラホック。

クメール料理の「味の決め手」であり、一年中欠かすことのできないこのプラホックのことを、みなさんはどのくらいご存知でしょうか。

毎年12月から2月は、プラホック造りのシーズン。

仕込み真っ最中のこの時期に、さまざまなカンボジア人を訪ねてみました。

カンダール州では自家製プラホックの造り方を教わり、シェムリアップでは情熱をもってプラホックを造り続ける職人にお話を伺い、若者のクメール料理離れがささやかれるプノンペンでは、プラホックへの思いとともにクメール料理に携わる料理人たちに出会いました。

カンボジア人のプラホック愛、読んで感じてみてください。

 

その他のラインナップ

▼  シリーズ
・JAPAN FOUNFATION 日本・カンボジア「カルチュア」徹底研究!

 

▼  コラム

・「禁煙のススメ」/奥澤健(医療コラム:どうしましたか)

・「家族ぐるみのお付き合いのメリット、デメリット考察 」/山崎幸恵(ボンユキ/エッセイ)

・「バイヨン中高校先生方のコロナ禍副業」/小出陽子(シェムリアップMoi Moi ライフ)

・「スラスラン中央寺院(仮称)の復元・再構築」/ 三輪 悟(アンコール見聞録)

・「コロナ禍でも前進」 / 米山 遥香(Para Sports in Cambodia)

・「『単なる一時帰国』が『ドキドキの大冒険』に!?」 / 中村 英誉(旅育!! ノマド家族。)

・「アンコール遺跡群の絶景を再発見する旅」 / オークンツアー(マオマオ・カンボジア)

・「不登校②」(カンボジアで Happy 子育て !:八木加奈恵)

 

▼ 生活情報/お知らせ/その他

・NyoNyum Times
・New Opening
・みんなの掲示板
・ENJOY STAYCATION
・うらない 2月&3月
・月間ドムライ
・緊急連絡先一覧

 

また、今回もコロナウィルスの影響もあり、配布等が遅れる可能性もありますので、全ページ webサイト上でオンラインで公開します。

<PDF版>

【NyoNyum111号PDF版はこちら】

※データが重いので開くまでに少し時間がかかります。

誌面の配布は、今週プノンペン内各所で開始予定です。

<日本国内で定期購読されている皆様>
大変申し訳ございませんが、現在、カンボジアから日本への国際便が不透明なため、発送が遅れる可能性がございますのでご了承ください。

 

【バックナンバーの購入】

<カンボジア国内>
プノンペンの「ニョニュムショップ」で、1部2ドルで販売しています。また、地方への発送も承りますのでご希望の方は一度お問合せください。

 

【広告掲載について】

カンボジア生活情報誌『NyoNyum(ニョニュム)』に広告を掲載してみませんか?
掲載料などの広告に関するお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームか、メールもしくはお電話にて受け付けております。

メール: nyonyum@cisinc.co.jp
TEL:+855-12-500-052, +855-16-657-290

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

(日本語) カンボジア生活情報誌「NyoNyum112号」発行のお知らせ!

2021.04.10 バックナンバー生活情報誌ニョニュム

(日本語) NyoNyum111号特集:⑥作り方とおすすめレストラン

2021.03.06 カンボジア料理グルメ(生活)プノンペンレシピ(生活)文化特集記事

(日本語) NyoNyum111号特集:④プラホックがなければクメール料理は語れない

2021.03.04 インタビュー(ビジネス)カンボジア料理グルメ(生活)プノンペン特集記事

おすすめ記事