「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > 特集記事 > カンボジアの素晴らしい「モノ」を 世界中の人に――。 各地の作り手とともに制作する オリジナル雑貨<very berry>

カンボジアの素晴らしい「モノ」を 世界中の人に――。 各地の作り手とともに制作する オリジナル雑貨<very berry>

カンボジアの素晴らしい「モノ」を
世界中の人に――
各地の作り手とともに制作する
オリジナル雑貨
ベリーベリー(very berry)

 

「very berry」は日本人女性が手がけるカンボジア雑貨のブランド。オーナーでデザイナーの中川さんは、2005年にシェムリアップへ。現地の旅行会社勤務を経て2009年にこのブランドを立ち上げた。バッグや服、アクセサリーなど服飾系を中心にオリジナル商品を制作・販売している。なかでもトンレサップ湖に自生する水草を編んだ「ウォーターヒヤシンスバッグ」はvery berryの代名詞ともいえる定番商品で、「ナチュラルでかわいい」とニョニュムショップでも大人気だ。2012年にシェムリァップの路地裏に開いた店舗には、オリジナルのほかにセレクト商品も並ぶ。どれもカンボジア製で、自分用に買いたくなるような素敵なものばかり。中川さんのセンスが光っている。
 

「カンボジアのお土産って何?」。旅行会社勤務時代に幾度となく聞かれたこの質問。「何があるだろう?」。当時の市場や土産物店に並ぶ商品はお隣のタイやベトナム、中国製のものばかりだった。「カンボジア大好き、雑貨大好き」という中川さんは「メイド・イン・カンボジアのいいものを見つけて、世界中の人に広めたい!」とカンボジア各地へ旅に出て、たくさんの手仕事に出会う。「あの素材と彼らの技があれば、こんな商品が作れるかも…」。自らデザインを起こし、カンボジア人の作り手たちとともにオリジナル雑貨の制作が始まった。「価値観や感覚の違いから作り手さんと衝突したことも。私には“何で!?”ってびっくりするようなことも、彼らには普通のことだったりするんですよね。でもそれって文化や育った環境、受けた教育も違うから当然だよなって気づいて、ちょっと上から目線で接してしまっていた自分を反省しました。たくさん経験した失敗から、納得いくものを作るためには作り手と同じラインに立って、時には持ち上げたりして(笑)“一緒にいいものを作ろう”という姿勢を伝えることが大切だと学びました。今もですけど、商品作りは試行錯誤の繰り返しです」。そうあっけらかんと話す中川さんは、そんな苦労を感じさせず「実は今、トンレサップ湖の近くにvery berry自前の工房を準備中です。新しい挑戦を自分でも楽しんでいます」と常に前向き。各地の作り手にお抱え職人が加わり、今後ますますパワーアップしそうだ。

  

 

 

 

 

<商品をご購入希望の場合>
  

NyoNyum Shopイオン店