「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > スポーツ(読み物) > パラスポーツinカンボジア > パラスポーツinカンボジア④「アンコールワット国際ハーフマラソンへ向けて&結果報告」

パラスポーツinカンボジア④「アンコールワット国際ハーフマラソンへ向けて&結果報告」

12/10にカンボジア生活情報誌NyoNyum104号を発行しました。

NyoNyumにて101号から連載している、カンボジアで長年、障がい者スポーツ(パラスポーツ)の普及活動を行なっている団体、ハート・オブ・ゴールドの米山遥香(よねやま・はるか)さんが普及活動の様子を紹介するコラム Para-Sports in Cambodia! をNyoNyum WEBでも公開します。

第4回目の今回は、12月8日に開催されたアンコールワット国際ハーフマラソンへ向けた準備の様子です。

 

ハート・オブ・ゴールドとは


1996年12月に開催されたアンコールワット国際ハーフマラソンに関わった人々により、「スポーツを通じて国境、人種、ハンディキャップを超えて希望と勇気の共有を実現」することを目指し、1998年 10月10日にNGOとして発足。

2001年3月には岡山県よりNPO法人認定を、2012年には岡山市から認定 NPO法人となり現在に至る。

被災地や紛争地および開発途上国の子どもた達、障害者、貧困者層の人々に対して、スポーツや教育、そのほかの活動を通じて自立につながる事業を行い、苦境 に立ち向かう人々や子ども達が人生にchallengeするための「希望と勇気」を持つことができる機会創造に寄与することを目的としている。

特に、途上国の人々が自分たちの抱える問題を自らの力で解決していけることを目指し、彼らの視点に立って、彼らとともに人材育成に力を注いでいく。
※HEARTS of GOLD公式WEBサイトより

 

パラスポーツとは


障がい者スポーツの世界大会として、1960年のローマオリンピックから行われていたが、「パラリンピック」という正式名称が使われ始めたのは1988年のソウルオリンピックから。

日本は1964年の東京大会から、カンボジアは2000年のシドニー大会から参加している。

最近、障がい者スポーツのことを”パラスポーツ”という名称で呼ばれることが多く、最近では日本国内でも様々なパラスポーツの大会が行われることが多い。※東京パラリンピック詳細はこちら

 

アンコールワット国際ハーフマラソンへ向けて

去年の大会での車いすランナー ※競技用車いすは使用者が限られており不公平のため、全員生活用車いすでの参加がルールで定められている。

ハート・オブ・ゴールド(以下、HG)が長年に渡り続けている活動として、障がい者のアンコールワット国際ハーフマラソン(以下、AWHM)へ向けたトレーニング支援、参加支援というものがあります。今回はその様子をお届けしたいと思います。

AWHM は毎年 12 月に開催され、国内外から 1 万人を超えるランナーが参加し、カンボジアでは最大級のマラソン大会です。

また、障がい者カテゴリー(参加費無料)が設けられており、たくさんの障がい者が参加することができる唯一のマラソン大会でもあります。

当会では多くの障がい者がこのマラソン大会に参加できるよう、大会の約 3ヶ月前から毎週土曜日に障がい者を集め、オリンピックスタジアムにて練習会を開催しています。

参加者はナショナルチームに所属するランナーから、走ることを楽しみたいランナーまで一緒になって練習をしています。

HG チームはプノンペンはじめ、シェムリアップやその他の州からもランナーを集め、今年は 63 名が参加する予定です。

以前は限られた障がい者しか参加していませんでしたが、ここ最近はいろいろな障がい者支援団体が参加するようになり、 去年は全体で約 80 名の障がい者が参加したようです。

カテゴリーとしては車いす男女 21km、義手・義足男女10 kmとなります。

ランナーに大会での目標を聞いてみると、ほとんどのランナーが「障がい者スポーツをもっといろんな人に知ってもらいたい、障がい者でもスポーツに参加することができるということを世界中の人にアピールしたい」と答えます。

彼らは障がい者スポーツの啓発活動のひとつとしてこの大会を位置づけていることが分かります。

 

アンコールワット国際ハーフマラソンの結果

今年のアンコールワット国際ハーフマラソン全体の参加者は85か国から12,175人(外国人4,602人、カンボジア人7,573人) が参加しました。

そのうち、ハートオブゴールドチームの障がい者ランナーは車いすランナー男子12名、女子2名、義足ランナー男子23名、女子3名、義手ランナー男子12名、女子2名、その他表彰のカテゴリーはないのですが知的障がい者5名と 視覚障がい者ランナーが1名参加の合計60名が参加。

車いす、義手、義足ともに1位~3位とほぼハートオブゴールドチームの選手が表彰台に上がり、選手たちは日頃の練習での成果を出し切りました。

これからもたくさんの障がい者がこのような大会に参加できるよう引き続きサポートしていきたいと思います。

 

この記事を書いた人:米山遥香


カンボジア在住5年目の27歳。大学時代、健康スポーツについて学ぶ傍ら、カンボジアを支援する学生団体でボランティア活動を行い「将来カンボジアでスポーツ開発に関わる仕事がしたい」と思っていたところ、NPO ハート・オブ・ゴールドに出会う。卒業後にカンボジアへ渡り、同団体で2年間インターンとして活動し、3年目から職員に。

 

これまでの記事

・第1回:ハート・オブ・ゴールドがカンボジアでパラスポーツ支援を始めたきっかけ


・第2回:カンボジアパラ陸上競技会と プノンペン補習授業校の社会科見学

・第3回:注目のパラ陸上選手を紹介!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします