「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > 特集記事 > NyoNyum108号特集:トゥールトンポンエリア街歩き! ②それぞれの特徴がある南北のストリートを歩こう

NyoNyum108号特集:トゥールトンポンエリア街歩き! ②それぞれの特徴がある南北のストリートを歩こう

最新号NyoNyum108号の特集は、「トゥールトンポンエリア街歩き!~頑張る商店街応援企画~」と題して、プノンペンのトゥールトンポン地区(通称ロシアンマーケットエリア)の情報を紹介しました。

近年どんどん区域が広がり、エリアによってさまざまな顔を持つプノンペンの街。

早朝や夕方の運動には川沿いのエリア、おしゃれなブティックやカフェの多いボンケンコンエリア、夜のスポットだったらここ…そんなイメージを持って日々の生活を楽しまれていることと思います。

そんな中、最近続々と新店舗がオープンし、ローカルの人々に交じって在住外国人の姿が目立つようになってきたトゥールトンポンエリアに注目が集まっています。

実は、ニョニュム編集部も3月末にこのエリアに引っ越ししてきました。

その後はコロナで緊張した日々でしたが、最近では街に繰り出して食事や買い物を楽しむ人が増えてきました。

周りにどんなお店があるのかな。

そんな興味津々のニョニュムスタッフが、このエリアの魅力をお伝えします!

 

「トゥールトンポン地区」とは

1980年代、カンボジアは旧ソビエト連邦との国交が中心で、行政、教育、文化の交流が盛んだった。

特にこのトゥールトンポンエリアには多くのロシア人在住者、観光客が行き交い、市場で販売するものの多くがロシアから輸入されていたという。

このため、トゥールトンポン市場は「ロシアンマーケット」として名が知られるようになった。

プノンペンの観光ルートの中でも、お土産物が多いこの市場は人気スポット。

「どうしてロシアンマーケットなの?」って誰もが一度は不思議に思ったことだろう。

「下町」「ちょっと治安が悪いんじゃないか」というイメージが強かったこのエリアより、多くの外国人在住者は街の中心からも近いボンケンコンエリアに住居を構えるのが主だった。

しかし最近は高層コンドミニアムの建築が増え、カフェや飲食店の出店が増えて家賃が高騰したこともあり、外国人在住者がトゥールトンポンエリアに移り住む傾向が。

ボンケンコンエリアからもトゥクトゥクで10分ほどのところにあるこのエリア。

人気市場での買い物客のみならず、安い家賃のアパートを求めて移動してきた外国人在住者向けのおしゃれな飲食店、カフェ、ショッピングスポットが集まっている。

このエリアのもう一つの魅力は、外国人ばかりになってしまったボンケンコンエリアと異なり、地元の人々の住宅が密集していること。

多くのカフェには外国人だけでなく、地元の人々が集まり、昔懐かしいローカル飲食店で食事を楽しむカンボジアの若者の姿も見られる。

さて、このエリア。どんな魅力があるのかな。

「ロシアンマーケット」からいろいろな通りを歩いてみると、小規模なカフェやバー、飲食店、お土産物屋さんが密集しているエリアがある。

ニョニュムと一緒に街に出かけてみよう!

第2弾はそれぞれの特徴がある南北のストリートを紹介します。

 

それぞれの特徴がある南北のストリートを歩こう!

ロシアンマーケット東側の南北にわたってのびるストリート。

最近おしゃれなブティックホテルや飲食店、バーなどができ始めています。

街歩きをしていると、それぞれのストリートの特徴のようなものが見えてくる。

 

St.155 のおススメ店!

⑭BROWN Coff ee and Bakery

広々とした空間は清潔感にあふれている

カンボジアのローカルコーヒーチェーンとして有名なカフェのトゥールトンポン店。

こだわりのコーヒーと洗練された空間でカンボジアのカフェシーンを牽引している。

コーヒーへの強いこだわりもブラウンの特徴で、豆はすべて高品質なアラビカ種を使用。

生豆の状態で輸入し、ボンケンコンにあるRoastery BKK店で自家焙煎して全店舗に届けられ、味を保つ
ため焙煎から2週間以内に使い切るそう。

スイーツも日本人好みの味と定評あり。

<お店情報>
Open: 06:30-21:00 (年中無休)
Add : No. 175, St.155, Toul Tompong 1,Phnom Penh
Tel : 081-777-315
Email: info@browncoff ee.com.kh

 

⑮Marugame Udon TTP

丸亀うどんTTP店は、家族連れや友達同士、会社の仲間とともにやってくる客でにぎわう、このエリアのカンボジア人や、外国人観光客、日本人に大人気のお店。

「お客様が快適な空間でかつ健康的にうどんを召し上がって頂けるように」と、提供するうどんの質、スタッフのサービス、店の衛生という3つQSC(Q=品質、S=サービス、C=クリンリネス)を重視している。

1杯1.9ドルで食べられる店の看板メニュー「讃岐釜揚げうどん」のほか、揚げたてサクサクの天ぷらなどの品数も豊富。

今最も人気なのは、ホット・ポットメニュー。来客のご希望に応じてメニュー開発を重ね、4種類のホット・ポットメニューが新たに加わった。

プノンペン在住の方はもちろん、出張や観光で訪れる方にもおすすめ。

讃岐釜揚げうどんと好みの揚げ物をオーダー

<お店情報>
Open: 10:00-22:00 (年中無休)
Add : No. 210, St.155 corner 472, ToulTompong 1, Phnom Penh
Tel : 081-888-342
Email: ttp.marugam@taica-fi ne.com

 

⑯Green Neighborhood

今年の春に東京農業大学を卒業して帰国したばかりのカンボジア人女性が経営する国産野菜、果物、肉などの農産物販売店。4年間の留学生活で日本の農作物の取り扱いやサービスの良さを目の当たりにしてきた。

カンボジアでは、近隣国からの農薬過多の輸入農作物が問題となっており、国産の安全かつ質の良いものをお客様に届けたいという思いから、大学卒業後すぐにこの店を開店したという。

店主のクリン・テンアマラさんは東京農業大学でバイオビジネスを専攻して修士号を取得した。

「国産の農作物を消費することが国内の農作物のサプライチェーンを維持・構築することにつながる」と考えている。

店は車も駐車しやすい閑静な住宅街エリアにあり、ロシアンマーケットから徒歩8分ほど。コロナ禍の中、低価格で新鮮な食材をデリバリーする取り組みにも挑戦している。

<お店情報>
Open Hours: 7:00-20:00 (元旦、クメール正月、プチュンバン、水祭りは休み)
Address: No.128, St.472, Toul Tompong 2, Phnom Penh
Tel: 077-437-745, 096-511-1284, 097-713-3721
Email: k.tengam@gmail.com

 

St.135 のおススメ店!

 

⑰LA. CHRONIQUE Café & Bistro 

1960年代に建てられたフレンチコロニアルの建物を改装したカフェレストラン。

モダンさとエレガントさを兼ね備えた大人な雰囲気の空間。

エッグベネディクトにアボガドを加えたアボガドベネディクトと、エスプレッソのほろ苦さにフランボワーズソースの酸味がマッチしたドリンク「フランボワーズ」がおすすめ。

今年7月にリニューアルオープンしたところ。

<お店情報>
Open: 6:30-18:30 (年中無休)
Add : No. 60, St. 135, Tuol Tompong 1, Phnom Penh
Tel : 099-888-559 / 086-888-559
Email: lachrorniquecafebistro@gmail.com

 

⑱Rama Steak House

地元の若者でいつも行列ができている

カンボジア人オーナーによるタイ風ステーキハウス。

チキンステーキ3ドル、ポークステーキ4ドル、ビーフステーキ6ドルなどどれもお手頃価格。

それぞれサラダとライス、フライポテトが付いてくる。焼きたてジューシーのステーキが食べられると評判で、ランチの時間帯は周辺の学生や会社員でいつも混んでいる。

日本の立ち食いそば屋のような雰囲気で人気を集めている。

<お店情報>
Open: 11:00-20:00 (クメール正月、プチュンバン、水祭り)
Add : St. 135, Toul Tompong 1 Phnom Penh
Tel : 069-494-411

 

⑲Soundskool TTP店

音楽に関するモノを探すならココ

カンボジアに3店舗ある音楽教室と楽器販売専門店のトゥールトンポン店。バイオリン、ピアノ、ギター、ウクレレ、ドラムなど多様なコースがそろっている。

フェンダー、ローランド、アリア、コーン・セルマーなどの世界的に有名なブランド楽器も手に入る。

店はSt.456とSt.135の角にあり、個人練習をするスペースや部屋の提供も可能。

<お店情報>
Open: 09:00-18:00 (クメール正月、プチュンバン、水祭りは休み)
Add : corner St. 135 & St.456, Toul Tompong 1,Phnom Penh
Tel : 023-220-350
Email: music@soundskool.asia

 

St.123 のおススメ店!

 

⑳Chez Linda Restaurant

元フランス在住のカンボジア人夫婦が経営する小さなバー。

フランスから直輸入するオーナー厳選のワインと、ヨーロッパとカンボジア風の食事が楽しめる。

コロナの影響で2月から売上が半減したというが、今だからこそと毎週土曜はお得なビュッフェ形式のランチ・ディナーを提供している。

午後2時から7時のハッピーアワーはドラフビールが1杯0.75ドル。

<お店情報>
Open: 10:00-23:00 (日曜定休。クメール正月、プチュンバン、水祭りは休み)
Add : No. 34, St.123 corner St.450, Toul Tompong 1, Phnom Penh
Tel : 096-682-9602 / 096-682-9604
Email: abc.sabay@gmail.com

 

㉑Flavors of India II 

北インドと南インドの美味しいカレーが食べられるインド料理店。

プノンペンの中でも老舗店の2号店となる。

10種類のスパイスを使って作られるバターチキンカレーとガーリックのナンがおすすめ。

人気のタンドリーチキンは不定期で割引を行っているので、詳しくは店に確認を。

<お店情報>
Open: 10:30-22:30 (クメール正月、プチュンバンは休み)
Add : No. 32C, St.123 corner 450, Toul Tompong 1, Phnom Penh
Tel : 023-221-990 / 095-221-990
Email: foi.cambodia@gmail.com

 

㉒ALCHEMY CAFÉ . GASTROPUB (St.123) 

ドラフトビールやカクテルが豊富で、各種料理とともに週末には音楽の演奏やイベントも楽しめるパブ。看板メニューは、オージービーフ、ラム、チキン、魚から選べる串焼き。

毎週水曜はハンバーガーと国産のドラフトビールがセットで6.99ドルとなりお得に。

木曜は各国産のドラフトビールを半額で楽しめる。また、木曜を除く午後5時から8時まではカクテルアワー 。

さらに子どもたちの教育を支える教員には(教員IDの証明が必要)、日頃の感謝を込めて10%割引をするというユニークなキャンペーンも実施している。

<お店情報>
Open: 16:00-23:00 (年中無休)
Add : # 36, St. 123, Toul Tompong 1,Phnom Penh
Tel : 031-234-6845
Email: alchemygastro@gmail.com

 

㉓NiGiRi LAB 

周りはフランス式の建物が並び、バーやレストランが多く活気がある。ロシアンマーケットのすぐ近く。トゥールスレン博物館まで徒歩で15分。

高い天井の平屋の建物に入ると、まるで海の中にいるような世界が広がる。

カウンター席のみの贅沢な空間で、本物の寿司が楽しめるお店。板前はカンボジア人だが、その腕は確か。

近海から仕入れたネタと日本から仕入れたネタを織り交ぜ、目の前で丁寧に握ってくれる様子が楽しめるので、カンボジア人にも大人気。

メニューはランチ、ディナーともに寿司コース(25ドル)、会席コース(35ドル)、刺身・寿司コース(45ドル)の3種類。いつも満席なので予約をするのがおすすめ。

<お店情報>
Open: 11:30-14:30, 18:00-22:00(日曜定休、クメール正月、プチュンバンは休み)
Add : No. 53, St.123, Toul Tompong 1, Phnom Penh
Tel : 095-483-240

 

㉔Azure Bar and Grill

広々とした空間で食事や会話が楽しめる

アメリカ人の料理長こだわりのフードメニューと、開放感あるガーデンや屋外の空間が特徴のバーレストラン。

月曜は和牛ビーフバーガー、火曜はピザ、水曜はパスタなどが安くなるなど、日替わりのお得なプロモーションが実施される。

プノンペン在住者の社交の場としても利用されており、火曜はチェスクラブ、水曜はアート系ワークショップが開催される。

また、タンゴ、キゾンバ、サルサのダンス教室も。金曜の夜はラテン音楽のダンスイベントが企画されることも。客を飽きさせない、毎日何か新しいものが得られるスポットだ。

<お店情報>
Open: 14:00-23:00(年中無休)(月曜日のみ17:00-23:00)
Add : No. 42, St. 123, Toul Tompong 1,Phnom Penh
Tel : 099-260-360
Email: mekongeaterygroup@gmail.com

 

㉕Eleven One Kitchen

オープンキッチンでまるでカンボジアの家庭で食事をしているような雰囲気を味わえるカンボジア料理店。

おすすめメニューは魚のアモック、牛肉のロックラック、赤アリと牛肉の炒めもののほか、フィッシュアモックバーガーという珍しいメニューも。

室内席のほかに屋外席も。午後5時から7時半のハッピーアワーにはカクテル1杯注文でもう1杯無料、またはグラスワインが1杯2.25ドルで楽しめる。

<お店情報>
Open: 07:00-21:30(正月、プチュンバン、水祭りは休み)
Add : No. 37, St.123 (corner of St.460),Toul Tompong 1, Phnom Penh
Tel : 086-619-111
Email: elevenonekitchen@gmail.com

 

㉖Kinin Restaurant 

St.444にあるレストラン「Nesat」と同じカンボジア人女性がオーナーのバーレストラン。

あっさりした味付けのNesat に比べこちらの料理はこってりしていて食べ応えがあるカンボジア料理、ヨーロッパ系の料理が特徴。

カンボジアの香辛料をふんだんに使った風味豊かなものが多い。おすすめは豚の角煮。

店の空間は落ち着いていて、木陰に広々としたオープンエアの座席と個室も。カンボジアの陶器と香辛料も販売している。

<お店情報>
Open: 11:00-23:30 (元旦、クメール正月、プチュンバン、水祭りは休み)
Add : St. 123 corner St.446, Toul Tompong 1,Phnom Penh
Tel : 077-400-846
Email: kinincollectives@gmail.com

 

 

<108号特集「トゥールトンポンエリア街歩き!」その他の記事はこちら>