NyoNyum117号特集:①きれいな街になるために〜プノンペン都の廃棄物の埋め立て地の現状、新しい施策〜
NyoNyum117号特集:①きれいな街になるために〜プノンペン都の廃棄物の埋め立て地の現状、新しい施策〜
2022.03.25

現在カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum117号の特集では「プノンペンの生活改善を目指して!」について紹介しましたがそのWeb版も公開します。

 

「プノンペンの生活改善を目指して!」

著しい経済的・社会的発展により、プノンペンではごみ問題が大きな課題となっています。

2000年における1日のごみ排出量は約500トンだったのが、2020年には約3000トンにまで膨れ上がっています。

プノンペンの「スモーキーマウンテン」として知られるドンカオ区のごみ埋め立て地のごみの量は許容範囲を超えはじめ、昨年には収容が1カ所のみでは続けることができなくなってしまいました。

これに対してプノンペン都は、現在のごみ埋め立て地の約2倍の広さの土地をカンダール州オンスヌール郡に確保。

2023年から利用されるこの新しいごみ埋め立て地により、プノンペンの廃棄物管理が改善されることが期待されています。

さらにプノンペン都は昨年7月にごみ管理を改善するためごみ回収を行う民間企業3社と契約を結んだり、都民に対しごみの分別とごみを出す時間指定を昨年9月に発令するなど、状況はめまぐるしく変化しています。

今号のニョニュムは、プノンペンのごみ問題の現状と、いま行われている最新の取り組みについてレポートします!

 

①きれいな街になるために〜プノンペン都の廃棄物の埋め立て地の現状、新しい施策〜

日々の生活の中でみなさんはどのくらいのごみを出していますか ?あまり意識したことがない、という人が多いのではないでしょうか。

当たり前のように回収されるごみですが、その行き先を見ると市民としてごみの出し方を考えなければならないということに気づくと思います。プノンペンのごみの現状はどうなっているのでしょうか。

7マカラマーケット周辺で撮影

プノンペン都で排出されるごみの量は1 日あたり約3,000 トン近くだと言われている。回収されたすべてのごみは、ドンカオ区の埋め立て地に運ばれる。古くはストゥンミエンチェイ地区にあった集積所だが、排出量の増大に伴い収容量を超えてしまったため、10 年ほど前にドンカオ区の埋め立て地が準備された。

この埋め立て地はプノンペン中心部から南に約15km、キリングフィールドから約2km のところに位置する。約30 ヘクタールの面積が大量のごみに覆われ、巨大なごみの山となっている。

近年の経済発展に伴いプノンペン都の行政区画も広がり、1998年には57 万人だったプノンペン都の人口は2015 年に150 万人と、ほぼ20 年間で3 倍に増加。2035 年までには286 万人にまで膨れ上がるという推計もある。

このため、プノンペン都はカンダール州オンスヌール郡に約50 ヘクタールの土地を確保し、新しいごみの埋め立て地として2023 年から利用する予定だ。新しい埋め立て地完成までの間は、現在のドンカオ区ともう1 カ所で暫定的にごみ置き場として利用する。

カンボジアでは、ごみをきちんと分別して出す人はまだ稀。そのため、ごみ山では換金できるごみを拾い集める人々の姿が見られる。しかし、安全衛生上の問題や管理上の理由から、以前よりごみ山への人の出入りは厳しくなっている

プノンペンのごみ問題を解決するには、すべての人々の参加が必要だ。中でも市民の参加が不可欠となる。ごみを適切に分別し廃棄しないとどんな悪影響が出るのか知り、ごみ回収サービスの料金をきちんと支払うことを含め、回収されるのが当たり前と思わずルールに従ってごみを出す。そうした一人ひとりの小さな心がけが、ごみ回収事業や管理に大きく貢献できる。

そのため、2021年9月にプノンペン都はごみの分別方法やごみを出す時間帯など新しい規定を発表し、これに従わない場合は罰金を科すとした。ごみ回収料金の未納者への納付呼びかけも行っている。

また、カンボジア政府は全国的なごみ問題への取り組みのための政策を積極的に策定し、2030年に向けてのプノンペンの持続可能な都市開発計画も発表。環境省も都内60の公立学校に分別用のごみ箱を設置した。

さらに、民間のごみ回収会社の参画によるごみ回収能力の強化・拡大、適切な埋め立て地でのごみの処理・保管など、さまざまな形でのごみ問題を解決する取り組みが展開している。

 

2021年9月16日のプノンペン都の通達の内容をのぞいてみよう !

<ルール>

1.一般ごみは、水気を切って正しく出す。

2.一般ごみは、生ごみと乾燥ごみに分ける。

● 生ごみ:食料、植物など
⇒黒いビニール袋に入れる。毎日回収。時間帯は各地の状況に合わせて決定。国道沿いなどは夜間。指定された時間以外にごみを出した者は罰金を科せられる。

● 乾燥ごみ:紙、段ボール、プラスチック、ゴム、鉄、缶、瓶など
⇒白いビニール袋に入れる。月曜日、金曜日に回収。
*指定した色のビニール袋に入れずに回収に出した場合は、回収業者は引き取らない。ビニール袋はスーパー等で個人で購入すること。

 

3.刃物やガラスの破片等の危険物は一般ごみに入れてはならず、別の箱などに入れる。毎週日曜日に回収。

● ごみ袋は破れたりしないようにきちんと縛って出す。

● スーパー、ショッピングセンター、商業施設、ホテル・ゲストハウス、レストラン、娯楽施設、学校、病院、新興住宅地(ボレイ)、企業、工場、省庁は各自でごみ箱を設置する。

● 寺院、屋台、一般家庭等は自身で用意したごみ箱または担当の回収業者から提供されたごみ箱を設置する。

● 指定された場所にごみを出す。

● 公共の排水路、排水溝、貯水槽へのごみの廃棄及びプノンペン都内でのごみの焼却は禁止。

● 樹木・枝、土・石、家具・電化製品・タイヤ・リサイクル品は別途まとめてプノンペン都ごみ・廃棄物管理公社(PPSWMA:081/011-646-222 または公式アプリ)に連絡し、回収を依頼する。

● この通達は2021年11月1日より実行する。

 

次の記事:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

NyoNyum117号特集:⑥若者に環境問題を考える意識と行動を広げたい

2022.04.01 プノンペン清掃・ビル管理(生活)特集記事

NyoNyum117号特集:④ごみのリサイクルで活躍する人たち

2022.03.30 プノンペン清掃・ビル管理(生活)特集記事

NyoNyum117号特集:③ごみ回収企業と料金支払い方法について

2022.03.29 プノンペン清掃・ビル管理(生活)特集記事

おすすめ記事