NyoNyum122号特集①:カンボジアの大手テレビ局と 新鋭のテレビ局をのぞいてみよう!<CBS&Bayon TV編>
NyoNyum122号特集①:カンボジアの大手テレビ局と 新鋭のテレビ局をのぞいてみよう!<CBS&Bayon TV編>
2023.01.25

現在、カンボジア国内で配布中のカンボジア生活情報誌NyoNyum122号の特集のWeb版です。

 

「お茶の間の娯楽はやっぱりテレビ!?

カンボジアでは2012年頃からテレビ業界の競争が激化しました。2012年1月には、以前はカラオケを中心としたミュージックビデオやCD制作・販売で有名だったHang Meas社がテレビ業界に参入し、Hang Meas HDTVというテレビ局を開局。一方、国営テレビのTVKも民放テレビ局と競り合うために放送時間を延長しました。

しかし、カンボジアでは2013年頃からインターネットの利用ユーザーが急増し、各テレビ局はより多くの視聴者を求めてSNS、特にFacebookに目を向けるようになっていきました。人気番組だと通常のテレビ放送はもちろん、Facebookでも視聴できるようになり注目を集めています。

そこで今回の特集では、今のカンボジアのテレビの現状についてとことん調べてみました!

 

カンボジアの大手テレビ局と 新鋭のテレビ局をのぞいてみよう!

2022年3月、カンボジアの3大テレビ運営会社(CBS、Bayon、Hang Meas)による協定が発足し、国内の地上デジタル放送の品質を強化するためのプラットフォームの創設が合意されました。大手3社が組むことで、ほぼ全国の放送網がカバーされることになります。

では、これら大手テレビ局3社の特徴とは?さらに他のテレビ局はどんな番組展開をしているのでしょう。

今回はCBSとBayon TVを紹介します。

 

報道、バラエティーなど幅広いジャンルが得意なCBS

CBS社のロゴ

CBSは、銀行、通信、不動産などで事業を展開しているロイヤルグループにより設立されたテレビ運営会社。2003年にカンボジアテレビネットワーク(CTN)というテレビ局をスタートさせた。「知識、教育、動機づけにより視聴者の生活をより良いものにする」ことをモットーに一流のテレビ番組の提供を目指している。圧倒的な人気のもと、視聴者の需要に応えるため2009年にはMyTV、2012年にはCNC という新たなテレビ局を設立した。

 

平均視聴率30%以上の実績があるCTN

Facebookページのフォロワー数:423万以上

CTNは、ロイヤルグループとモダンタイムズグループ(EU のデジタルエンターテインメント企業)の合弁会社として設立され、事業展開にあたりスウェーデン、米国、英国から多くのテレビ制作における教育プログラムを受けているという。2013年にはCTNの全国平均視聴率は30%以上となった。そのほとんどが若い世代でカンボジアで最も人気のあるテレビ局の地位を確立した。

 

「村での笑い」

テレビ:毎週土曜日 21:00 ~
村の屋外ステージでの漫才の様子

国内外のニュースやサッカー、クメールボクシングなどの番組に加えて、娯楽番組も大人気。歌謡とお笑いを組み合わせたコンサート中継番組は視聴率がとても高い。

CTNが独自制作し根強い人気を誇る「村での笑い」という娯楽番組がある。2010年の放送スタート当初からリポーターが各州の農村を訪れ、地元の特徴をとらえた情報を発信。

また、番組では人気歌手や芸能人がカンボジアの歌謡や寸劇を披露し、村人が楽しむ様子が映し出されている。

漫才を楽しむ村人たち

 

<視聴者の声:プノンペン在住の教師:メーン・サーヴィンさん(23)>

プノンペン在住の教師:メーン・サーヴィンさん(23)

学生時代、「村での笑い」を勉強の休み時間にテレビでよく見ていました。カンボジアの昔の演歌やパ・ミーというお笑いグループによるコントを見るのが大好きです。放送で映し出される田舎の風景を懐かしく思いながら見ています。ただ、現在は仕事をしているので、テレビで見るより都合の良い時間にスマホでFacebook投稿された短い映像を見たりしています。今でもこの番組は大好きです。

 

 

MTV~若者の絶対的な支持を誇る~

Facebookページのフォロワー数:418万以上

MyTVは、CTNに続く新しい放送局として2009年放送を開始。若者に人気のあるテレビチャンネルとして知られている。MyTVは、国内独自のクリエイティブなエンタメ番組の制作に重点を置いているそうだ。

「これで良いか」という大人気番組は、素人参加者が芸能人に歌などのパフォーマンスを審査してもらう娯楽番組。 2021年半ばにはこの番組が終焉したという。インド、中国などの海外ドラマも根強い人気がある。

外国のドラマや映画の放映権を積極的に獲得し、視聴者に提供。過去に人気を集めたのはインドドラマの「主婦の生活」や「アソーク王」など。また、同チャンネルではカタールW杯の放送も行っている。

<視聴者の声:トボンクムン在住の教師:ホーン・ティアリーさん(20)>

プノンペン在住の教師:メーン・サーヴィンさん(23)

学生時代には、週末になると「これで良いか」をよく見ていました。才能のある人を見られるので面白かった。審査員の芸能人のプロ目線のコメントも印象的でした。勉強のストレスを発散してくれる番組でした。

 

ソケア氏のあれこれ

テレビ:毎週土曜21:00~22:00
ソケア氏のあれこれのショーにて。観客からゲストへの質問を受ける

元芸人で現在は司会を務めるソケア氏により、番組に招待された芸能人を多角的な質問で攻めていく番組。

<視聴者の声:コンポンチャム在住の農家:サルーン・ピアリンさん(21)>

コンポンチャム在住の農家:サルーン・ピアリンさん(21)

数カ月前にこの番組をFacebook で知りました。それ以来、MyTVのFacebook ページからよく見るようになっています。招待したゲストに対して面白い質問をしていて、それに対する答えや話の展開が興味深いです。

 

トップフレンズ

テレビ:毎週月曜20:00~21:00
トップフレンズ番組の一場面

日常生活で生じたさまざまな出来事をネタに6人の仲良し若者グループが話を展開するバラエティー番組。

<視聴者の声:プノンペン王立大学の学生:チーブ・ヒムさん(23)>

プノンペン王立大学の学生:チーブ・ヒムさん(23)

ストレス発散のためにたまに見ています。出演者の話の展開が笑いを誘い、楽しいです。出演者と同世代の若者に人気がありますね。プノンペンに上京してから4、5年になりますが、テレビではなくスマホで番組を見ています。

 

その他:CNC

Facebookフォロワー数179万人以上

CNCは2012 年から放送を開始。CTN とMyTV に次ぐCBS の人気のあるテレビチャンネルの1 つ。CNC は、国内外のニュースを主に放送するほか、国内外のボクシングやサッカーの試合などの放送にも重点を置いている。

 

変化してきた番組の特徴とは?

2010年の開始当初は、晩ごはんが済んだ時間帯(夜6 時から8時)に村人に集まってもらい、その様子が放送されてきた。

● カンボジアの伝統歌謡や寸劇、お笑いを見るのはカンボジア人にとって最大の娯楽。村人の心をつかんだ番組展開が特徴。

 

今の特徴

● ロケでは地元の特産品や名物、観光地、地域に伝わる伝統などが紹介される。

● 現在は主にSNSで人気を集めるタレントを積極的に出演者として起用(TikTok のコンテンツクリエーターがバラエティーのコーナーに抜擢されたことで有名)。

● 新たなコメディアンを発掘し、世代交代をさせることも注目されている。

● コロナ禍ではロケは行わずスタジオ収録で進めていた。

● 現在「村での笑い」は、毎週土曜日午後5時から農村で開催されたものを、午後9時から全国放送している。

 

こちらの番組も注目!Saturday Night Live, Let’ s Party

テレビ:毎週土曜日19:00 ~ 21:00

「Saturday Night Live, Let’ s Party」は、CTN設立当初から人気を集めてきた「リトレイコムサーン(夜の娯楽)」というコンサート番組(2020年末に終了)に代わって今年5月に始まったコンサート番組。

国内で人気上昇中のDJや芸人のパフォーマンス、カンボジアのファーションショーなどを紹介。

 

 

老舗民放テレビ局:Bayon TV

Facebookページのフォロワー数:239万以上

フン・セン首相の長女であるフン・マナー氏がオーナーのBayon TV は、国内外のニュースや教育番組、コンサート、クメールボクシングなど番組の種類を拡大している。BTV、ETV というテレビ局も同社に属している。Bayon TV は1998年に放送を開始し、現在多くの若者層の支持を得ようとエンタメ番組の制作に注力している。

 

嘘をつかず話そう!Let Chat Don’ t Cheat!

テレビ:毎週日曜日21:00~22:00
インターネット:Bayon TVのFacebookページ、「3Fun Channel Cambodia」のFacebookページにてライブ配信
一人の芸能人ゲストを囲って様々な話を聞き出していく

トークショー形式の番組が若者の間でトレンド。「嘘をつかず話そう!」は若い芸能人をゲストに迎え、嘘をつかずに真実を語ってもらう番組。

<視聴者の声:プノンペン王立大学の学生:サーン・ソピアラーさん(20)>

プノンペン王立大学の学生:サーン・ソピアラーさん(20)

好きな芸能人がゲストの時だけ見ています。ゲストの芸能人の経験談がドラマチックに語られる場面もあるので、それがこの番組の見どころですね。

 

 

週末の笑い

テレビ:毎週土曜日17:00 ~ 18:00
田舎の生活を舞台に撮影された「週末の笑い」の一場面

社会教育的な側面も持つお笑い番組。テレビとSNS で配信。農村で番組が撮影され、国内の視聴者のみならず海外に住んでいるカンボジア人にも望郷の念を抱かせつつ、笑いを提供している。

この番組のプロデューサー兼監督兼出演者であるニーエ・クレム氏は、「田舎を撮影現場にする理由は、地方に足を運ぶ機会が滅多にない都会生活をしている若者はもちろん、海外に住んでいるカンボジア人に地方で生活するカンボジア人の生き方を実際に見て、理解してもらいたいからです」と語る。

<視聴者の声:プノンペン在住の会社員:シム・ボットティアレットさん(21)>

プノンペン在住の会社員:シム・ボットティアレットさん(21)

「週末の笑い」はどの年齢層の人にも人気があると思います。出演者の芸人が笑わせてくれるので、ストレスが解消されて良い気分転換になります。現在はテレビでなくスマホで見ています。

 

 

V TALK Confession

テレビ:毎週水曜日21:00 ~ 22:00
芸能人のサクセスストーリーを知ることができる

「人は多かれ少なかれ悩みから逃れることはできない。だが、すべての問題には必ず解決策がある」というコンセプトで今年2 月に誕生したテレビ番組。

人気芸能人をゲストに迎え、キャリアの成功・失敗の裏話や人生経験などを共有してもらう。司会者2 人も人気の秘訣。視聴者も自分の人生のストーリーを番組に送り、参加することも可能。

<視聴者の声:プノンペンの路上カフェ店員:カエン・リナーさん(26)>

プノンペンの路上カフェ店員:カエン・リナーさん(26)

いい気分転換になります。ゲストと司会者の間で話がどんどん展開されるのが楽しいです。ゲストのストーリーから人生観などを学ぶことができます。

 

 

BTV:ニュース、スポーツなら!

BTVのニュースキャスターを務めるダヴァンさん

BTVはBayon TV に所属するテレビ局。国内外の最新ニュース以外にスポーツ番組が人気で、多くの視聴者の支持を得ている。

BTVはニュース番組を毎日朝、昼、夜に放送している。朝と昼は地域のニュースや政治、経済、スポーツ、外交などあらゆる分野の最新ニュースを届けている。夜は「今夜の世界の出来事」という海外で起こったいろんなニュースを取り上げ、分析していく番組が人気。

BTVのニュースキャスターであるダヴァンさん(30)は、この仕事に就いて約10年のベテラン。ラジオ局のニュース番組でニュースを朗読したことが今のキャリアの基礎になったと語る。若い頃からメディアの仕事に憧れていたダヴァンさんは、レポーターやニュースキャスターの経験を積み、現在はニュース番組のプロデューサーとしても活躍しているという。

メディアによる正確な情報発信の重要性を感じているダヴァンさん。「社会発展とともに信用のある情報提供が求められてきています。市民による情報監視が広がっており、情報の価値を重んじる人も増えていると感じます」。

特に約10年前と比べて、報道に関心を持つカンボジアの若者が増えているというダヴァンさんは、これからもメディアはカンボジアの社会発展に欠かせない存在だと語ってくれた。

 

人気番組!今夜の世界の出来事

テレビ:Mon – Fri 22:00~22:30

「今夜の世界の出来事」という海外で起こったいろんなニュースを取り上げ、分析していく番組が人気!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事
おすすめ記事