「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > 生活情報誌ニョニュム > アンコール見聞録 > アンコール見聞録 #2 「今日はいい天気?」~日本とカンボジア~

アンコール見聞録 #2 「今日はいい天気?」~日本とカンボジア~

NyoNyum Magazine にて連載しているコラム「アンコール見聞録」

上智大学アジア人材養成研究センター現地責任者として、シェムリアップでアンコール建築に関する研究を行っている三輪悟さんが、アンコール建築の歴史や、遺跡の周りで営まれる生活、カンボジアにまつわるあれこれを綴ります。

今回は、カンボジアと日本の天気の違いについて。

「今日はいい天気?」~日本とカンボジア~

アンコールワットの AMOS(気象観測システム)

アンコールワットの AMOS(気象観測システム)

「カンボジアって東京より涼しいですねえ」

近年日本から着いたお客さんが空港出口で言う言葉だ。

気象庁によると、東京の昨年の年間平均気温は 16 度。8 月の平均気温は 27 度、湿度は 78% であった。

一方、アンコールワットで上智大調査団が行っている気象観測によると、昨年の年間平均気温は 28 度、湿度は 77%、最高気温は 41 度(4 月 11 日)、最低気温は 14 度(1 月 26 日)であった(藁谷哲也教授調べ)。

東京の 8 月とカンボジアの年間平均データを温湿度の点で比較すると、両者は確かに「似ている」。

これに住宅環境、その他各種要因が加わると、東京の方が体感的には不快度が高いということであろう。

晴れて太陽が輝く日本人がイメージするいわゆる「ピーカン」を、カンボジアでは「いい天気」とは言わない。

なにせ統計上、年間を通じて日本の 8 月同様であるから暑いのである。朝から適度に雲があり涼しい状態をカンボジアでは「いい天気」と表 現する。

さあ、皆さん今日も「いい天気」の良い一日で !

(この記事は2017年8月に発行されたNyoNuym90号に掲載されたものを再掲しています。文中の情報は当時の情報です。)

コラムニスト: 三輪 悟(みわ・さとる)

上智大学アジア人材養成研究センター(シェムリァップ本部)助教
1997年10月よりシェムリァップ在住。専門はアンコール建築学。NyoNyum89号(2017年6月号発行)より遺跡やカンボジア生活にまつわる本コラム『アンコール見聞録』を連載。

 

次の記事:

前の記事:

過去の記事

1:アンコールトーイに行ったことありますか?
2:「今日はいい天気?」~日本とカンボジア~