「この国」を伝えるカンボジアのWebメディア

"生活"最新記事

"観光"最新記事

"読み物"最新記事

"ビジネス"最新記事

"グルメ"最新記事

HOME > 読み物 > スポーツ > パラスポーツ > パラスポーツinカンボジア⑩コロナ禍でも前進

パラスポーツinカンボジア⑩コロナ禍でも前進

カンボジア生活情報誌NyoNyum 101号から連載している、カンボジアで長年、障がい者スポーツ(パラスポーツ)の普及活動を行なっている団体、ハート・オブ・ゴールドの米山遥香(よねやま・はるか)さんが普及活動の様子を紹介するコラム「Para-Sports in Cambodia!」をNyoNyum WEBでも公開します。

第10回目の今回は、コロナ禍でも前進するハート・オブ・ゴールドのパラスポーツへの支援について紹介します。

 

ハート・オブ・ゴールドとは


1996年12月に開催されたアンコールワット国際ハーフマラソンに関わった人々により、「スポーツを通じて国境、人種、ハンディキャップを超えて希望と勇気の共有を実現」することを目指し、1998年 10月10日にNGOとして発足。

2001年3月には岡山県よりNPO法人認定を、2012年には岡山市から認定 NPO法人となり現在に至る。

被災地や紛争地および開発途上国の子どもた達、障害者、貧困者層の人々に対して、スポーツや教育、そのほかの活動を通じて自立につながる事業を行い、苦境 に立ち向かう人々や子ども達が人生にchallengeするための「希望と勇気」を持つことができる機会創造に寄与することを目的としている。

特に、途上国の人々が自分たちの抱える問題を自らの力で解決していけることを目指し、彼らの視点に立って、彼らとともに人材育成に力を注いでいく。
※HEARTS of GOLD公式WEBサイトより

パラスポーツとは


障がい者スポーツの世界大会として、1960年のローマオリンピックから行われていたが、「パラリンピック」という正式名称が使われ始めたのは1988年のソウルオリンピックから。

日本は1964年の東京大会から、カンボジアは2000年のシドニー大会から参加している。

最近、障がい者スポーツのことを”パラスポーツ”という名称で呼ばれることが多く、最近では日本国内でも様々なパラスポーツの大会が行われることが多い。※東京パラリンピック詳細はこちら

 

コロナ禍でも前進

パラリンピック委員会とのオンライン会議

年が明け、2021年がスタートしました。みなさんはどのような目標を立てましたか?

私は今年もカンボジアのパラスポーツの発展のためにさらに現地と協力しながら進んでいきたいと思っています。

2020年12月19日に株式会社栄光スポーツ(岡山市北区)の呼びかけにより集まった180足もの中古シューズを贈呈いただきました。

こちらはカンボジアパラリンピック委員会を通して、障がい者の方々に寄付予定です。

同日、コロナ禍ということもあり、栄光スポーツ、ハート・オブ・ゴールド有森裕子代表理事、さらにカンボジアのパラ陸上選手とをリモートでつなぎ、コロナ禍ならではのオンライン贈呈式を行い、選手から直接お礼を伝えることができました。

シューズを見ていると新しく、きれいなシューズが多いのに気が付き、聞いたところによると一年に一回はシューズを買い替えるという方が、コロナ禍でランニングする機会が減ったものの、買い替えのタイミングで寄付してくださったことが多かったことがわかりました。

日本人が履いているようなシューズは簡単にカンボジアでは手に入らないため、選手はとてもよろこんでいます。

さて、新しい年のスタートということで、2021年の計画についてカンボジアパラリンピック委員会とオンラインで会議を行いました。

まずは2021年3月に第4回カンボジアパラ陸上競技会を開催することで合意し、資金調達のためクラウドファンディングなど準備を進めています。

今後はパラ陸上連盟の組織強化やコーチ・選手の育成、2023年アセアンパラゲームズに向けて引き続き活動していく予定です。

様々なオンライン化により、日本とカンボジアで離れていてもとても近くに感じられます。

日本にいてもプロジェクトを少しでも前進させることができたのはとても嬉しいことでした。

 

この記事を書いた人:米山遥香


カンボジア在住6年目の28歳。大学時代、健康スポーツについて学ぶ傍ら、カンボジアを支援する学生団体でボランティア活動を行い「将来カンボジアでスポーツ開発に関わる仕事がしたい」と思っていたところ、NPO ハート・オブ・ゴールドに出会う。卒業後にカンボジアへ渡り、同団体で2年間インターンとして活動し、3年目から職員に。

これまでの記事

・第1回:ハート・オブ・ゴールドがカンボジアでパラスポーツ支援を始めたきっかけ

・第2回:カンボジアパラ陸上競技会と プノンペン補習授業校の社会科見学

・第3回:注目のパラ陸上選手を紹介!

・第4回:アンコールワット国際ハーフマラソンへ向けて&結果報告

・第5回:第10回ASEAN Para Games へ向けて

・第6回:陸上クリニックと絆フェスティバル

・第7回:カンボジア国内のコロナ禍でのパラスポーツの活動自粛と再開

・第8回:日本のパラリンピアンとの絆

・第9回:カンボジアパラリンピックデー