カンボジア生活情報サイト<NyoNyum(ニョニュム)WEB>―グルメ、エンタメ、ビジネスなど、現地発の情報をお届けします!
カンボジア生活情報サイト<NyoNyum(ニョニュム)WEB>
NyoNyum編集部発信
カンボジアNAVI
ニョニュム編集部員がお届けするカンボジアとれたて情報あれこれ

【イベント開催】3月25日(土)、プノンペンの老舗ロックバー「Sharky Bar」に日本からロックバンドがやってくる!~VM5 Asia tour 2017~

3月25日(土)、東京を拠点に活動するロックバンド「VM5」がアジアツアーの一環として、プノンペンの老舗ロックバー「Sharky Bar」でライブを行なう。
この他にもカンボジアを拠点に活動するSok Sapbaay Boysはじめ、ベトナムからHem Hem Saigon 、Genの2バンドが参加し、合計4バンドで会場を盛り上げる予定だ。

【VM5 Asia tour 2017 | Hem Hem × Gen × Sok Sapbaay Boys】
Date : 25th MAR (Sat) 20:30 – Late
Place : Sharky Bar Cambodia #126 Street 130
Price : Free Entry

詳細は公式Facebookページへ
https://www.facebook.com/events/146794729159165/

Sok Sapbaay Boys

Gen

hem hem

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

2017.03.20 08:45:58   |    おでかけ   イベント  

【フォトコンテスト開催】3月20,21日、アンコールワットへ行く方対象限定イベント

毎年多くの人々がアンコールワットの日の出参拝に訪れる春分の日。この数年では数万人の観光客、特にこの春分の日の日の出を見ようと押し寄せる現象が起きている。
観光省によると今年の春分の日にあたり、3月20日の朝5時から21日17時の間にアンコールワット鑑賞をする人に、美しい日の出の写真をSNSで発信し、古代クメールの人々の叡智を紹介して欲しいと呼びかけている。
その一環として今年はを実施し、「素晴らしきアンコール」というテーマで写真を投降した人の中から、優秀作品1位から3位を選び、賞状の他に副賞として1位100万リエル、2位80万リエル、3位50万リエルを送るとしている。
イベントFacebookページはこちら

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ

2017.03.19 16:14:23   |    おでかけ   イベント   編集部発信 カンボジアNAVI  

~AFC U-23選手権の予選組み合わせが決定~カンボジア代表は日本代表と同組に

17日、23歳以下のアジア王者を決めるAFC U-23選手権2018中国(2018年1月9日〜27日)の予選の組み合わせ抽選会がマレーシアのクアラルンプールで開催された。カンボジアはグループJに入り、日本、中国、フィリピンと同組となり、2015年に行われたロシアワールドカップ2018アジア地区2次予選に続き、年代は違うが、再び日本代表と公式戦で対戦することになった。

東西のアジアに分かれて行われる今回の予選には、本大会開催国の中国を含む40カ国が出場。4カ国ずつ10個のグループに分かれて予選が行われ、各グループの1位と2位チームの上位5カ国が本大会への出場権を獲得する。また、開催国として出場する中国がグループ1位か2位の上位5カ国に入った場合は、2位チームの6カ国目が本大会への出場権を獲得する。

予選は今年7月19日~23日の開催を予定しており、カンボジアが入ったグループJの予選開催地および対戦スケジュールは現時点で未定となっているが中国での開催が有力視されている。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

2017.03.18 08:46:28   |    その他   ニュース   文化   編集部発信 カンボジアNAVI  

【訂正とお詫び】弊誌「NyoNyum」87号(2-3月号)掲載記事について

弊誌87号(2-3月号)34ページに掲載した「カンボジアが中学体育の日本式指導要領を採用」という記事のタイトルについて、「カンボジア、日本が協力した中学校体育科の学習指導要領を認定」と訂正いたします(新しい学習指導要領は日本の協力のもと、日本だけでなく、その他の国の学習指導要領も参考にして作成されています)。読者の皆様ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

2017.03.16 14:10:06   |    編集部発信 カンボジアNAVI  

【イベント情報】3月17日(金)、上智大学でカンボジア関連イベント開催!ふるってご参加を♪

この作業現場がそのままキャンパスで再現されます!

3月17日(金)、アンコール遺跡の修復に長年携わる上智大学の四谷キャンパスで、カンボジア関連イベントが開催されます。とくに、カンボジア、古代遺跡とその修復、国際協力、そして“石材”に興味のある方などにオススメのイベントです。どなたでも参加でき、入退場自由、そしてすべて参加費無料なので、「ちょっと覗いてみようかな」「その日、暇なんだよなぁ」「大学生気分を味わいたい!」なんて方も、ぜひお気軽にご参加ください♪

イベントは午前の部、午後の部に分かれて行われます。

午前9時半から正午までの【午前の部】は、学生主体のイベント。カンボジアで活動している上智大学の学生団体による活動紹介や、夏休みに合わせて実施予定の「アンコールワット遺跡修復応援ツアー」の説明会などが開かれます。

そして、午後13時半から16時半までの【午後の部】は、ンコール遺跡の修復に関する国際公開講座が開かれます。「カンボジア人熟練石工の伝統技法」と題し、上智大学が長年携わっている遺跡修復に関する講演、石材加工に関するパネルディスカッションとその実演デモンストレーションが行われます。さらに、カンボジア古典舞踊も披露されます。

今回のイベントのなかでもとくに注目したいのが、午後の部で行われる石材加工の実演デモンストレーション。実際にアンコールワット西参道で修復作業にあたっているカンボジア人の石工たちが来日し、カンボジアから運んだアンコールワットで使われているものと同種の、本物の砂岩とラテライトを使って、どのように石を削るのか、どうやって重い石材を運ぶのかなどその技法を披露します。さらに、参加者の中から希望者を募って作業体験も実施される予定です。

ぜひ、3月17日は上智大学でカンボジアを感じ遺跡の世界に触れに上智大学四谷キャンパスへ! 午後の部の公開講座はクメール語+日本語で行われるので、日本在住のカンボジア人の皆さんにもオススメです。

イベント概要

【午前の部】・・・カンボジアで活動する上智大学の学生によるイベント「上智大学カンボジアデー」

■日時: 2017年3月17日(金)9:30~12:00(会場・受付開始9:00)
■会場: 上智大学(四谷キャンパス) 2号館17階 国際会議場
■参加費: 無料
■詳細・申し込み: http://tour.arukikata.com/seminar/?utm_source=sofia&utm_campaign=01

▽プログラム—————————————————————————————-
<第1部> ミニレクチャー
・上智大学生たちがカンボジアで行なっている活動を紹介
・夏休みに行われるカンボジアでの「アンコールワット遺跡修復応援ツアー」の案内 【主催:(株) 地球の歩き方T&E】
<第2部> 自由交流の時間
・カンボジアで活動する学生団体ごとのブースで、質問受付&意見交換して自由に交流
●参加団体:
NPO法人 CATiC World Theater ProjectSummer Teaching Program(STP)カンボジアCeeK(シーク)


【午後の部】・・・国際公開講座「
カンボジア人熟練石工の伝統技法

■日時: 2017年3月17日(金)13:30~16:30(入退場自由)
■会場: 上智大学(四谷キャンパス) 6号館101室および隣接公開敷地
■言語:カンボジア語(逐次通訳有り)/日本語
■参加費: 無料
■詳細・申し込み: https://eipo.jp/sophia/
■お問い合わせ: 上智大学アジア人材養成研究センター
TEL:03–3238–4136 FAX:03–3238–4138
E-mail: sacrhd@cl.sophia.ac.jp 〒102-8554 東京都千代田紀尾井町7-1

▽プログラム—————————————————————————————-
<第1部> 基調講演 (13:35~14:30
「アプサラ機構の活動と上智大学との協力関係」
カンボジア王国政府アンコール地域遺跡整備機構(アプサラ機構)
総裁 スム・マップ氏
「アンコール・ワット西参道の修復史~900年前の建設後、修復を繰り返して護られてきた史実を解明する~」
上智大学アジア人材養成研究センター
研究員 三輪 悟
<第2部> 石材加工のパネル・ディスカッション+カンボジア古典舞踊 (14:40~15:40)
・パネル・ディスカッション「アンコール・ワットの工事現場から」
・カンボジア古典舞踊:修復工事の安全を祈る奉納舞踊(山中ひとみ、カンボジア舞踊グループSAKARAK
<第3部> 石材加工の実演 (15:50~16:30) ※雨天決行
カンボジア人石工3名および師匠の日本人石工である石井幸弘氏が、アンコール・ワット西参道修復の現場で実際に行われている石加工技術を披露します(※来場者多数の場合にはモニターで視聴)。

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

2017.03.10 12:16:33   |    おでかけ   イベント