アンコール見聞録 #28 観光の再開
アンコール見聞録 #28 観光の再開
2022.01.05

NyoNyum Magazine にて連載しているコラム「アンコール見聞録」

上智大学アジア人材養成研究センター現地責任者として、シェムリアップでアンコール建築に関する研究を行っている三輪悟さんが、アンコール建築の歴史や、遺跡の周りで営まれる生活、カンボジアにまつわるあれこれを綴ります。

今回は、観光の再開について。

 

新型コロナ規制の解除

国防省発行のワクチン接種証明書(ダウンロード)※2021年11月

前号の原稿を準備していた9 月半ばには、全く予想できなかったことが起きた。カンボジアでは10月1日以降レッドゾーンなどの厳しい規制が全国的に解除されたのである。

シェムリアップ州では、規制が厳格化し始めたまさにそんな折の解除となり、「青天の霹靂」であった。11月からは全国的に学校も再開された。

さらに驚いたことに、11月15日からは入国時の2週間の隔離が「ワクチン二回接種」を条件に不要となったのである。

「ウイズコロナ」に舵を切り、観光再開に向け突進を始めたという印象である。

 

アンコール観光の内需拡大

アンコールワットでは、伝統衣装(貸衣装)の写真撮影が人気(2021 年11 月)

11月18~ 20日の水祭りでは、ボートレースは感染予防の観点より全国的に中止となった。観光省発表によると、国内では15~ 21日にかけて115万人が国内移動したという。首都プノンペンは20万人、シェムリアップも14万人が訪問した。

シェムリアップで観察する限り、水祭り3日間の人出は大変に多く、完成を急ぐ市内38本の道路工事による規制も加わり、大渋滞が発生し大いに混乱した。首都との車での往復も通常の倍近い8 ~ 9時間を要したと聞いた。

 

観覧車と気球

アンコールアイ(観覧車)。地上85m。1周所要18分(2021年11月)

シェムリアップには観覧車:アンコールアイ(85m)と気球:アンコールバルーン(120m)という二つの高所展望施設がある。水祭りに合わせて期間限定で営業した観覧車に乗る機会を得た。

地上85mのゴンドラからは、クーレン山に加えアンコール3聖山、アンコールワットの尖塔、トンレサープ湖の湖面が夕日に輝く様子がよく見えた。

観覧車の年末年始の営業再開は12月25日頃から2022年1月2日頃までを計画しているそうです(運航予定は要事前確認)。

Angkor Eye(観覧車)
Tel:098-261-888
https://www.facebook.com/angkoreye/

アンコールアイの眺望。プノンバケン山頂部には遺跡が小さく見える。丸く見えるのは、アンコールワット前の観光気球(2021年11月)

 

トンレサープ湖

トンレサープ湖の船の上から、観覧車(左)と気球(右)が見える(2021年11月)

水祭り期間は、トンレサープ湖も観光客でにぎわった。筆者はプノンペンから来た知人に誘われトンレサープ湖へサイクリングに出かけた。

移動距離全75kmのうち26kmは船を利用した。今年はステイホームが長かったため、皆で太陽光と風を楽しんだ。

市内には高層ビルが存在しないため、何とプノンクロム山近くの湖上の船から10数キロ北にある観覧車とバルーンが双方とも見えて驚いた。

サイクリングのルートの一部は船で湖を移動した(2021年11月)

 

(この記事は2021年12月に発行されたNyoNuym115号に掲載されたものを再掲しています。文中の情報は当時の情報です。)

 

コラムニスト: 三輪 悟(みわ・さとる)

上智大学アジア人材養成研究センター(シェムリアップ本部)助教
1997年10月よりシェムリアップ在住。専門はアンコール建築学。NyoNyum89号(2017年6月号発行)より遺跡やカンボジア生活にまつわる本コラム『アンコール見聞録』を連載。

 

 

前の記事:

 

過去の記事

7:死んだカエルと干しガエル
8:アンコールワットの矢ワニ
9:西参道正面北側のナーガ
10:石の穴 あいたり、消えたり
11:遺跡内は犬禁止
12:米価が3倍になる継続性
13:外国人の遺跡入場者数
14:仏人がジャワに学んだ修復手法
15:アンコールワットの睡蓮
16:大阪万博 旧カンボジア館
17:アプサラ機構創設25周年
18:プノンペンオリンピックスタジアム
19:新型コロナとアンコール観光
20:聖山クーレンでのキャンプ体験に想う
21:聖山クーレンでのキャンプ体験に想う(続編)
22:統計に見るウイズ・コロナのアンコール観光
23:スラスラン中央寺院(仮称)の復元・再構築
24:新型コロナ一年
25:紙幣の図柄をよく見ると
26:遺跡修復新時代
27:レッドゾーン指定でついに修復作業がストップ
28:観光の再開

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

アンコール見聞録 #33 在住外国人への遺跡無料パス発行と世界文化遺産登録30周年

2022.11.09 アンコール見聞録イベント(観光)シェムリアップ

Moi Moi ライフ #64 学校閉鎖中の生徒たちの学習 はいかに?

2022.11.05 シェムリアップシェムリアップMoiMoiライフ

NyoNyum120号特集:⑥コロナ禍で頑張る現地企業

2022.10.06 シェムリアップ特集記事

おすすめ記事