(日本語) どうしましたか #64 「禁煙のススメ」
(日本語) どうしましたか #64  「禁煙のススメ」
2021.02.17

カンボジア生活情報誌NyoNyum Magazine にて連載している医療コラム「どうしましたか」

ケン・クリニック院長の奥澤健先生が、流行病の対策、風邪やけがの処置方法から、病院での出来事、おすすめのダイエット方法までいろいろな医学トリビアを愉快に綴ります。

今回は、「禁煙のススメ」についてです。

 

禁煙のススメ

現在の私はいわゆる「町医者」だが、元々は呼吸器外科医である。

呼吸器疾患、特に肺がんや自然気胸を専門にしていた。

以前の私は「喫煙者を一人でも少なくする」のが自分の使命の一つであると考え、受け持った患者さんには喫煙の危険性を懇切丁寧に説明した。

禁煙外来まで担当したこともある。

肺がんになった人は、こちらから何も言わなくても皆禁煙するが、それ以外の病気ではタバコをやめられない人が多かった。

中には「タバコをやめるくらいなら死んだ方がマシだ」と言う患者さんもいた。

現在の、肥満や糖尿病の患者さんに低糖質食を指導する方がよほど簡単である。

時代は変わり、日本人男性の喫煙率は2000年に52.5%であったのが、2018年には33.2%に低下した。

われわれの努力がどれほど貢献したのかはわからない。

移りゆく世情の単なる一コマにすぎないのかもしれない。

いずれにしても「喫煙は害でしかない」ということが周知の事実化してきたのは喜ばしいことである。

一方、カンボジア人男性の喫煙率も2000年で56.2%が2018年では37.4%に低下したそうである。

私の感覚では、プノンペンではもっと少ないような気がする。

全国平均だから、地方ではもっと多いのではないかと思う。

喫煙者はそれだけで『慢性気管支炎』という『基礎疾患』を持つことになる。

基礎疾患、特に呼吸器系の病気がある人はコロナが重症化しやすいのも周知の事実。

これを機会に禁煙してはいかがだろうか。

(この記事は2021年2月に発行されたNyoNuym111号に掲載されたものを再掲しています。文中の情報は発行当時の情報です。)

 

コラムニスト:奥澤 健(おくざわ・けん)

医学博士
2010 年 2 月よりプノンペンにケン・クリニックを開業。1963 年生まれ。東京医大卒。キズを早くきれいに治す「湿潤療法」と医学的に正しい 「低糖質ダイエット・健康法」を指南。NyoNyum48号(2010年8月発行)より本コラム連載。

ケン・クリニックホームページ

 

前の記事:

 

過去の記事:

48:麻疹ワクチンをうちましたか?
49:ざんねんな(?)デング熱ワクチン
50:風疹ワクチン「も」うちましたか?
51:手足口病は大人にもうつる!?
52:食あたりに気をつけて!
53:クリニック開業とインタビュー
54:狂犬病ワクチンがない!?
55:熱がないのにデング熱
56:問診不可能なカンボジア人患者(前編)
57:問診不可能なカンボジア人患者(後編)
58:開業10周年を迎えて
59:新型コロナウイルス騒動に思う
60:感染症に対するビタミンの不都合な真実。 オーソモレキュラーとは?
61:手洗い習慣の功罪
62:「with コロナ」でいきましょう♪
63:数字に惑わされるな !「ワクチンの有効率」とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

【 カンボジアでHappy子育て!その6】共感の声かけ

2021.06.30 カンボジアでHappy子育て!医療

どうしましたか #66 コロナワクチンをうってきた

2021.06.29 医療医療コラム「どうしましたか」

(日本語) どうしましたか #65「かゆいかゆいトコジラミ」

2021.04.19 医療医療コラム「どうしましたか」

おすすめ記事